税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|なるべくリスクヘッジ…。

2017-06-18 18:30:01 | 日記

色々存在している税理士の通信講座のうちでも、一等オススメのものは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。使っているテキスト書に関しては、税理士の資格をとろうと志している受験生の中で、ナンバーワンにGOODなテキスト本として高く評価されております。
司法試験と変わらない勉強法で実行するのは、初心者の税理士試験に狙いを定めた受験生に比べて、合計の勉強量がものすごくなりがち。そればかりか満足できる結果は得られず、費用対効果が望めません。
限られている時間をフル活用し、勉学に励めますので、会社勤めまた家事などと折り合いをつけて税理士資格の取得を目指そうと思っている方たちには、時間の都合が付けやすい通信講座については、非常に便利でしょう。
現実難易度が高度な試験となっていますが、個々の科目ごと別々に受験することが可能であるから、それ故税理士試験は、従来より毎年5万人強が受験にチャレンジする、難関の試験となっております。
今の税理士試験に関しては、実際筆記式の試験しか存在せずといったように、考えてしまって結構です。その理由は、口頭試験につきましては、余程の事が起きない限り不合格にならない簡単な程度の試験だからであります。

実際税理士におきましては、法律系資格試験の門戸の狭い入口ながらも、若い世代だけでなく中高年の方にも人気が高いのですけれどそれとは別に、合格を勝ち取った先々には、いざ公認の個人事務所を作って、最初から開業するという方法も実行可能な有望な法律系専門試験とされています。
通常5科目合格を叶えるまでに、長期間かかる税理士資格の受験では、ずっと勉強していられる環境であるか否かが、決め手で、通信教育のコースにつきましては、取り分けそういったことが関与してきます。
簡単に言うなら「足切り点のライン」といった門前払いのシステムが、税理士試験におきましてはございます。つまりは、「一定の成績に不足しているならば、不合格です」なんていう数字が存在しているのです。
なるべくリスクヘッジ、石橋を叩いて渡る、用心するに越したことはないという狙いで、税理士試験の場合、プロ教師陣が揃う学校に頼った方がベターですけれども、独学でやることを選択することも良いのではないでしょうか。
一般的に税理士試験につきましては、税理士の資格を保有するのに基本とする深い知識、及び応用力・考える力が十分あるのかないのかを、判別することを第一目的として、実行する高いレベルを求められる国家試験です。

難所である「理論暗記」を第一に、税理士試験勉強法のアドバイスかつ効果的な頭脳エクササイズのやり方、速聴・速読法ということ等についてもパーフェクトに掘り下げております!他暗記法の秘訣や勉強時に推奨したい、実用的なツールを皆さんに提案していきます。
通信講座を受ける際は、税理士ないしは税理士であったとしましても、双方受講者のお家まで教本などを発送して貰うことができますので、皆さんのスケジュール管理によって、勉強に励むことが可能になっております。
やはり税理士に合格するには、自分に合った正しい勉強法で取り組むことが、とっても重要です。このネットサイトでは、税理士試験の予定表をはじめとした構成参考書の良い選び方など、受験生たちに有効な情報をピックアップしました。
実際従前から、法律の知識無しの状況からやり始めて、税理士試験合格に確保すべきトータル学習時間は、「3000時間少々」というデータがあります。実際的に一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、3000時間超とされています。
従来は税理士試験を受けても、割かし取得しやすい国家資格といった風に言われ続けてきましたが、今は大層門戸が狭くなってきており、全力で取り組まないとなかなか合格を獲得することが容易でない資格になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|無論税理士試験を独... | トップ | 税理士|税理士試験といいま... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL