税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|出来れば万が一に備える…。

2017-06-17 11:40:03 | 日記

ずっと前より、法令知識皆無のレベルから開始して、税理士試験合格に必要とされております勉強への取り組み時間は、「3000時間前後」と言われております。実際のところ、ストレートで合格する人の学習時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
一般的に大多数の受験者は、名高い会社だから大丈夫などという、安易で不確かな所以で、考え無しに通信教育を選ぶもの。されど、そうしたことで決して税理士に、合格などできないでしょう。
出来れば万が一に備える、安全性を重視、念のためにという目的で、税理士試験を目指す場合、税理士資格取得対象の予備校などに通学する方が安全策ではありますけれど、独学で貫くことを選んでも支障はないでしょう。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を志すのは、実現可能です。けれど、税理士の試験につきましては10人受けても、合格者ゼロの場合もあります間口の狭い試験とされております。合格を勝ち取るには、適格な学習スタイルを身につけなければならないでしょう。
こちらのサイトでは、税理士資格取得の通信教育を、しっかりセレクトができますように、ニュートラルな見方でジャッジできる役に立つデータをピックアップしていきます。そして以降は、己自身で決定してください。

一般的に国内におきましてもケタが違う難易度を誇っている税理士試験に関しましては、憲法・民法などの11教科の法律から幅広い難題が出されるため、合格しようとしているならば、長期スパンの取り組みが必要でございます。
もともと科目合格制が設けられているため、税理士試験は、社会人受験生も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験生活のスパンが長きにわたるということがよくあります。今までの諸先輩方の取り組んできた勉強法を実践してみることも有効です。
試験の制度の改編をきっかけに、それまでの運・不運によるギャンブル的なファクターが無くなって、実に手腕があるかないかが見られる試験として、現在の税理士試験は新しく生まれ変わりました。
毎回合格率がたった3%のハイレベルの、税理士試験において合格を獲得するには、1人独学での受験勉強だけでやるのは、大変なケースが多くあり、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して学習するのが世間一般的でしょう。
大学で法律を専門に学ばなくても、またかつ全くの素人であろうと税理士の職に就くことはできますけれど、それだけに一切独学で取り組むという人なら、勉強時間も必ず求められます。己自身も独学を貫いて試験に合格をしたんで、思い知っています。

基本的に税理士試験につきましては、難易度が高いと言われております、法律系の国家資格の内の1つです。こちらにおきましては、夢の税理士試験に確実に合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、自分の合格獲得の体験記を基とし詳しく書いていきます。
現実難易度が高度な試験となっていますが、1つの科目ごとに数年かけて受験することが可能であるから、それ故税理士試験は、年ごとに5万を超える人が受験を申込する、資格試験です。
大手中心に大抵の専門学校に関しましては、税理士を対象とする通信教育(通信講座)のコースがあります。そんな中には、携帯型デジタル音楽プレーヤーなどを利用して、時代の最先端をゆく通信教育を行っている、専門学校・スクールも存在します。
実際税理士試験に関しては、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の制限は設けられておりませんから、年齢に関係なく受験することが出来ます。これまで法律についての知識が全然ない方であろうと、十分な受験対策を実施するようにすれば、合格することも不可能ではないですよ。
事実授業料30数万円〜、または50万円以上の金額の、税理士資格取得の通信講座なんかもそんなに珍しくないものです。それに関しては受講契約の期間も、1年を上回る長期に及ぶコースとなっている場合が、結構普通です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|学校に通う通学講座... | トップ | 税理士|基本的に演習問題を... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL