税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|つまり税理士試験とは…。

2017-08-14 04:50:01 | 日記

只今多くの皆様方が、税理士の合格への流れを記載した体験の覚書関係を、多々調べて目を通しているワケは、大抵、どういった勉強法が己にベストなのか、迷いが生じているからでしょう。
現実的にレッスンを受講できる学校もスタイルもともに種々ございます。それによって、色々な税理士対象の講座の中で、お仕事をされている方でしても自分のペースで学ぶことが可能な、通信講座を催行しているスクールの比較を行いました。
毎年合格率が約2・3%の茨の道の、税理士試験におきまして合格を勝ち取るためには、独学でする試験勉強のみでは、ハードな事例が沢山ありまして、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して勉学に励むのが多数派となっております。
前々から、法律の知識ゼロより着手して、税理士試験合格に絶対必要な試験勉強時間は、「3000時間少々」というデータがあります。現実的に見ても、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、平均的に3000時間となっております。
当インターネットサイトは、現役で活躍している税理士が、税理士試験の有効な勉強法の紹介を行い、税理士を対象としている通信講座(通信教育)の評判、ユーザーの口コミなどをリサーチし、とりまとめたHPとなっています。

あの法科大学院卒でも、合格できないことがままありますので、核心を突いた効率的な勉強法をよく考えて挑まなければ、税理士の試験に合格をするのはハードとなるでしょう。
色々存在している税理士の通信講座のうちでも、一等お奨め教材は、LEC(東京リーガルマインド)といわれています。講座で使用するオリジナルテキストにつきましては、税理士の資格をとろうと志している受験生の中で、最も実用性優れた指導書として高評を得ています。
事実、税理士試験は、高難度の国家資格取得の試験とされておりますので、専門知識を基礎から学べる専門の学校に入学した方が、間違いないといえます。ともあれ、全部独学で挑んでも各人によって、非常にスムーズに行くなんていうパターンも見られたりします。
繰り返し演習問題で理解を深め十分頭にいれベースを固めた後、実用的な応用問題へとシフトする、確立された勉強法をやっていくのが、税理士試験の上で簿記論科目に関しましては、とても有効なようです。
つまり税理士試験とは、税理士の仕事に就くのに必要不可欠な造詣の深さ、そしてそのことを活かす技量の有りOR無しを、判断することを基本目的として、国税審議会が行う難しい国家試験であります。

実際に税理士試験の勉強をやる上におきましては、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションを持ち続けることが難儀だったり等とデメリットな部分も実体験で経ましたけれど、全体的には通信講座を受講して、満足できたと判断しています。
現実的に30万円以上〜、それともまた50万円以上の金額の、税理士を対象としている通信講座なんかもそんなに珍しくないものです。これに関しましては受講スパンも、1〜2年の長い月日の受講計画とされているのが、しばしばございます。
安い値段、対応する範囲を絞り込んで、学習する量を可能な限り少なめにしているタイムテーブル、ハイクオリティの教材各種などが評判の通信講座の『フォーサイト』。実際税理士の通信講座でしたらこのスクールが1番おススメ、とされているくらい、人気が高いです。
実際税理士試験については、決して簡単なものではないです。例年平均合格率は、10%程となっています。だけど、一度の試験ではなしに、数年にわたり合格を志すつもりであるなら、特別やれないことではないです。
実際に合格率のパーセンテージは、税理士の受験の難易度状況を示す顕著なモノサシの一つなのですが、この頃は、この%の数字が明らかに落ち込んできていて、受験生たちに関心を向けられております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|もともと科目合格制... | トップ | 税理士|無制限に無い限りあ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL