税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|たった一人で独学にて税理士試験で合格しようというには…。

2017-07-13 09:50:01 | 日記

税理士の試験で合格するためには、手際の良い勉強法でのやり方が、極めてマストです。このネットサイトでは、税理士試験の予定表をはじめとした高精度のテキストの選び方など、受験生にとりまして役に立つ情報をピックアップしました。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、学習を行う合計時間のリスクを思案しますと、税理士の受験はスクールの通信講座、それかダイレクトに教わる通学式講座を選定するのが、安全と考えます。
今から8年前の平成18年度から、税理士試験の中味につきましては、広範囲にわたり改正が実行されました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、主要となり、選択式問題及び、論述式問題のようなはじめての問題も登場しています。
基本的に税理士の職種は、わざわざ専門学校に通わず独学であっても合格を可能とすることができる資格であります。なかんずく現在、会社員として勤務している人が発起してトライする資格としては現実味がありますが、同時にめちゃくちゃ高い難易度となっています。
どんな問題にも「法律をモノサシに考える頭を持った方」であるかないかをチェックするような、大分難易度が高度な試験に変化してきているのが、今日の税理士試験のリアルな現実といったように見えます。

以前から、法律知識がゼロの段階からスタートして、税理士試験合格に必要とされております総勉強時間は、「3000時間前後」と言われております。現実確かに、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間前後と発表されています。
実際税理士試験については、スゴク高難易度でございます。合格率というのは、僅か1割前後。とは言え、一発試験ではなく、何年もかけることで合格する予定でありましたら、それほどまでにヘビーなことではないといえます。
一流講師からいつでもアドバイスを受けることができる通学面の利点は、大いに魅力を感じますが、集中力さえ保つことが出来れば、税理士資格取得の通信教育での学習にて、満足のいくスキルアップが可能でしょう。
やっぱり税理士試験に挑戦する場合には、全力を注がないようだと望む結果が得られない、高難易度の試験であると思い知らされます。つまるところ費やすことができる貴重な時間を上手に活用して学習を継続した努力家だけが、最終的に合格する試験であります。
一言で言うと合格最低点の「足切り点」という仕組みが、税理士試験には設けられています。言い換えれば、「一定の成績に届いていないと、不合格の判定になります」という規準点があるんです。

たった一人で独学にて税理士試験で合格しようというには、ご自分で適切な勉強法を生み出さなければいけません。そのような場合に、一等良いといえる工夫は、過去の合格者がとっていた勉強法を丸ごと真似することをおススメします。
非常に難易度が高いとされる試験でありながら、各々その時その時に受験するといったこともできることによって、そのせいもあり税理士試験に関しましては、毎回5万人以上の方たちが受験に挑戦する、難関試験でございます。
一般的にほとんどの資格取得学校につきましては、税理士の資格を目指す人向けの通信教育があるものです。その中には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、時代の最先端をゆく通信教育が受けられる、スクールも増えつつあります。
法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は、会社を経営するうえにおいて、欠かすことの出来ないマストな知識になります。だけど、暗記事項がかなり沢山あるため、受験する人たちの間では税理士試験の第一の関門であると言い表されています。
一般的に、税理士試験に独学スタイルで合格を実現するのは、めちゃくちゃ大変であるといった実態を認識しましょう。それに関しては各年の合格率の割合が10%を超えることのない事柄からも、まざまざと想像できるはずであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|試験の制度の改編に... | トップ | 税理士|いくつかある国家試... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL