税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|現在は税理士試験で合格を勝ち取るための…。

2017-06-18 12:50:05 | 日記

一言で言うと「足切り点」(足切り最低点)という厳しい仕組みが、税理士試験の上ではあるのです。簡単に言うならば、「必須点数に到達していないと、不合格となります」という基準の点数が設定されております。
現在は税理士試験で合格を勝ち取るための、インターネットサイトや、プロの税理士が、受験者達用に随時メルマガ等を配信するサービスなどを行い、情報集め・読解力&モチベーションをキープするためにも役に立つかと存じます。
法律で平成18年より、税理士試験制度については、多数変更が行われました。新たに法令科目が、主要となり、択一式の試験問題や、記述式問題(小論文)のような思考力が求められる新しい傾向の問題というのも出されるようになっております。
税理士試験制度の内容の手直しをきっかけに、昔からよく見られた時の運の賭博的な面が全てなくなって、実際に能力があるのかどうかといったことが判定される試験へと、税理士試験の内容はリニューアルしたんです。
実際司法試験と近い勉強法で取り組むと、0からはじめる税理士試験に的を絞った受験生に比べてみて、トータルの勉強量が大変多量になりがちでございます。それだけでなしに条件に見合った結果は得られず、努力した分だけの成果が得られません。

実際に通信講座ですと、税理士であっても税理士だとしても、どちらにせよ自宅まで教科書などを届けて貰うことが可能であるので、個人個人の時間配分で、学習するといったことが可能となっています。
一般的に、税理士試験にたった一人で独学で合格することは、めちゃくちゃ大変であるといった事実をしっかり見定めておくようにしましょう。それについては合格率が毎年10%いかない現実からみても、容易く想像できるはずであります。
税理士につきましては、たとえ全て独学で行っても合格可能な資格の一つといわれています。今現在、サラリーマン・OLなどの方が奮起して努力する資格としましては現実味がありますが、裏腹ですこぶる難易度も高でございます。
最難関の「税法理論暗記」をメインに、税理士試験の能率的な勉強法、なおかつ脳力開発、速聴や速読の能力トレーニングなどについてもくまなく調べています!これ以外にも他効率が良い暗記法でありますとか、勉強する際に、重宝するお役立ちツールを掲載していきます。
毎年税理士資格の合格率は、1割ほどと知られております。最近では、国内でも米国をモデルにした法科大学院がつくられ、この学部を終えることが出来れば、新司法試験を受けられる資格が授与されます。

毎年総じて、税理士試験の合格率の値につきましては、大体2〜3%程度でございます。勉強にあてる総時間数とのバランスを考慮しますと、税理士資格取得試験がどれ位高い難度であるかご想像いただけるかと思われます。
実際税理士試験については、決して簡単なものではないです。毎回合格率は、約10%でございます。されど、一度きりの試験でクリアするのではなし、何年かにわたって合格しようとするのであれば、特別ハードなことではないといえるでしょう。
現実難易度が高度な試験となっていますが、それぞれの科目ごとに分けて受験することも認められておりますので、それ故税理士試験は、年ごとに5万人強が受験に取り組む、難関の試験となっております。
オール独学で税理士試験合格を狙うには、己自身で適格な勉強法を習熟することが必要です。このために、特に最善なアプローチ法は、合格した人たちがしていた勉強法をそのまま真似ることでございます。
科目合格制をとっている、税理士試験の資格取得は、1度の試験にて一気に、5種の分野の科目を受験することは決められておらず、各科目毎に数年かけて受験を実施してもいいシステムです。合格科目に関しましては、この後も税理士となるまで合格は取り消されません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|法人税法につきまし... | トップ | 税理士|無論税理士試験を独... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL