税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|最近は…。

2017-06-22 20:50:02 | 日記

現実的に毎年、2、3万人辺りの受験生が試験を受けて、たった600〜900名のみしか、合格が難しいです。この1部分に着目しましても、税理士試験の難易度の高さが分かるはず。
根本的に税理士試験の特徴を挙げると、成績そのものを評価する試験制度が設けられており、合格者の定員数をハナから決定付けていないから、つまりは試験問題の中身の難易度ランクが、明らかに合格率につながります。
最近は、学校に通って授業を受講しているとした方たちと、大きくは違いがない試験勉強をすることが可能です。その事柄を現実に可能にしますのが、今となりましては税理士試験対策の通信講座の主流の学習材とされているDVDで解説を受けるタイプのものです。
スクール代が30万円超え、あるいは50数万円も負担しなければいけない、税理士向けの通信講座なんぞも珍しいことではありません。その場合受講のスパンも、1〜2年の長期間の通信コースであることが、一般的です。
どんなタイプの問題集を利用して勉学に努めるかなんてことよりも、どんな種類の勉強法を採用して取組みを行うのかの方が、一層税理士試験を通るためには肝心だと言えます。

一般的に9月に入ってから、来年の税理士試験に臨むために支度しはじめるとした人なども、多数いるはずです。およそ1年強続いていく試験の勉強では、己自身にベストな勉強法を編み出す創造性も求められます。
会社に勤めながらも勉強を両立して、何とか3回の受験で税理士資格試験に合格することができました、自分の経験をみても、このところ2〜3年の間の難易度については、とっても難しくなってきているという印象があります。
当たり前ですが税理士試験については、いい加減なやり方でしたら良い結果が生まれない、超厳しい試験だと思われます。結局のところ勉強にあてることができる時間を効率良く&集中して利用して試験勉強に取り組んだ人が最終的に合格する試験であります。
実際に税理士試験の勉強をやる上におきましては、集中力が継続し辛かったり、モチベーションの保持がハードに思えたり欠点も実感しましたけれども、総合的に見て通信講座を選択して、合格することができたというように思っております。
難所である「理論暗記」はじめ税理士試験勉強法のアドバイスや頭脳の訓練、速聴と速読といったこと等についても考察!そのこと以外にも暗記テクニックですとか、勉強をする中で、実用的なツール等様々な情報をピックアップいたします。

現時点、または未来に、税理士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学で挑む方のために企画制作しました、便利なコンテンツサイトとなっております。サイトの中では合格を叶える為の鍵ですとか、現場の仕事内容、並びに仕事の魅力などを多々載せています。
実際に「法的な視点で物事を捉えられる人間」なのかどうかを判断するような、かなり難易度の高めの資格試験に変わってきていますのが、ここ最近の税理士試験の現実の姿といったように見えます。
実際に、税理士試験に全て独学にて合格を叶えるのは、容易なことではないということを覚えておくといいでしょう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%に到達しない真実があることによっても、目に見えて知りえることでございます。
一頃においては合格率の数字が10%強に落ち着いていた税理士試験でございましたが、ここ数年は、一桁の割合でずっと定着をみせております。合格率が全体の一桁といいますと、難易度上位の国家資格であるとして、捉えられるでしょう。
一般的に従来から、法律知識がゼロの段階から着手して、税理士試験合格に欠かせない勉強時間数は、「3000時間前後」と言われております。現実的に見ても、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|税理士試験の簿記論... | トップ | 税理士|安めの料金設定や問... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL