税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|全部独学で税理士試験合格を勝ち取ろうとする折には…。

2017-07-17 17:10:00 | 日記

前から、法律の知識無しの状況から取り組んで、税理士試験合格にマストな総勉強時間は、大体「3000時間強」と周知されています。現実的に見ても、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、平均して3000時間強のようです。
長所いっぱいの、税理士資格取得の予備校に通学しての効率的な勉強法ですが、十万単位の特定の投資額が必要となりますので、受験する人が全員受けることが可能であるものじゃないのも事実です。
現実税理士試験は、メチャクチャ難易度が高いです。合格率というのは、10%程となっています。けれども、一回だけの試験ではあらず、5年間くらいかけて合格する予定でありましたら、取り立ててやれないことではないです。
全部独学で税理士試験合格を勝ち取ろうとする折には、自分自身で効率的な勉強法をあみださなければいけないです。そのような場合に、他の何よりもGOODなテクニックは、試験に合格した先輩たちが実行していた勉強法を丸ごと真似することをおススメします。
難易度の高い「税法理論暗記」をメインに、税理士試験の勉強法のポイントプラス頭脳訓練、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましても徹底追及!そのこと以外にも暗記テクニックでありましたり、勉強を行う時に、重宝するお役立ちツールを皆様に提供していきます。

一般的に全ての必須科目の標準の合格率については、およそ10〜12%くらいで、他の難関とされる資格よりも、合格率が上であるように捉えやすいですけど、これにつきましては各受験科目の合格率でして、税理士試験オールでの合格率ではないですから、ご注意を。
難易度高の試験に関係無しに、教科をひとつずつその時その時に受験可能なことなどから、それも関係し税理士試験につきましては、各年5万人位の方が受験に挑戦する、受かりづらい試験なのです。
実際1科目ごとに受験可能な科目合格制度でございますため、税理士試験におきましては、会社勤めしている人等も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験勉強期間が長めになるということがよくあります。ですので、是非とも先達たちの勉強法の内容にチャレンジすることも必要でしょう。
ここ何年かいつも、税理士試験でのリアルな合格率は、ほぼ2〜3%強といわれています。長いスパンに渡る試験勉強時間との双方のバランス加減にて考えたら、税理士の試験がどれほど難易度が高いか分かるでしょう。
日商簿記検定で1級または2級を完全に独学にて、合格できた実力の持ち主であったら、税理士試験におきまして簿記論やまた財務諸表論の2教科のみは、そちらも両科目独学で試験に合格するのも、不可能なわけではないと思います。

法律を専門に学ぶ法科大学院で学業を修めた方でも、不合格となってしまうことがあるぐらいですから、つぼを押さえた最善の勉強法を考慮し全身全霊で頑張るようにしないと、税理士資格取得試験に合格するのはハードとなるでしょう。
可能であればリスクを分散、確実に、用心を重ねてという狙いで、税理士試験に立ち向かう場合、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に行く方が良いといえますけれど、例えば独学を選択の道に入れてもいいかと思われます。
今の税理士につきましては、超高難易度の試験で、通信教育のセレクト方法で、合格するか不合格となるかの境界が決まるのです。とは言っても、同業社がいっぱいあるので、どこを選ぶとベターか、決めかねる受験生も多いと存じます。
法律学部を卒業していなくとも、またド素人であったとしましても税理士を目指せますが、ともあれ一から独学である場合は、学習量も絶対に欠かせません。私自身も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、心底思います。
リミットがある時間を上手に使い、勉強を進めることができるため、働きながらや家の事などと二足のわらじで税理士資格の取得を実現しようと考えておられる人たちには、通信講座を受講するというのは、物凄く役立ちます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|一頃においては合格... | トップ | 税理士|通常税理士試験は…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL