税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|一般的に国内におきましてもトップクラスにランクインする難易度として名高い税理士試験の内容は…。

2017-07-01 06:20:01 | 日記

この先資格を得るために受験の勉強を始める受験生にあたっては、「税理士試験に於いては、どの程度の勉強時間を堅持したら合格が叶うの?」等は、やはり把握しておきたいかと思います。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、難易度が高いことを誇る税理士であるわけですが、他と比べて合格を獲得するまでの経過がハードであるほど、ようやく国家資格を得た後は就職先が沢山あるということや年収アップ、加えて名誉ある地位を得ることが出来るようなこともありうるのです。
平成18年(2006年)度から、税理士試験の問題内容は、大分変更が行われました。今は法令科目が、重点を置かれるようになって、選択式問題及び、記述方式の試験問題といったこれまでになかった形式の問題もお目見えしました。
仕事をやり続けながら資格取得の勉強をこなし、やっと3回目の試験で税理士合格を果たした、当方の実際の体験を顧みても、このところ2〜3年の間の難易度は、相当高くなっていてさらに難関になってきているのではないでしょうか。
国家試験の税理士試験における合格率につきましては、およそ10%程度と、難関と表されているにしては、合格率が高いものとなっています。けれども、一度の挑戦で合格することが出来るのは、不可能に近いというのが現実のようです。

大概の専門学校に関しましては、税理士になるための通信教育の提供が行われております。そんな中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、時代の先端を取り入れた通信教育を受講することができる、資格学校や専門学校等もございます。
少し前までは合格率10%以上の台を保っていた税理士試験でございましたけれども、現在、10パーセント以下におさまっています。合格率が一桁でありますと、高難易度のランキング上位の国家資格として、捉えられるでしょう。
税理士に関しては、国家資格認定試験のハードルとして、あらゆる世代に高人気であるのですが、合格をゲットした将来には、自分で事務所などをイチから構え、フリーで開業することも実現できる法律系認定試験といわれています。
このHPは、現役バリバリの税理士が、税理士試験の能率的な勉強法の指導はじめ、様々にある税理士向けの通信講座の評価、利用者の感想等の情報を集めて、解説をアップしているサービスサイトです。
輪にかけて難しいと広く知られております税理士試験の難易度の程度は、超高めのものになっており、合格者の合格率も3%以下と、日本国内の国家資格の中でも、有数の難関資格試験となっております。

他の会社と比べて負担額が少なく、学習範囲を選定し、費やす学習量をカットしたカリキュラムづくり、精度の優れた教材各種などが話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。税理士向けの通信講座ならばコレ、と断定できるほど、高い好評を得ています。
一般的に毎年、2・3万名位が受験に臨み、たった600〜900名くらいのみしか、合格できないのです。そうした現実を見れば、税理士試験難易度が超高いというのがみてとれます。
直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座のコースを同時進行で受講できるようになっている、専門スクール「資格の大原」に関しては、ハイクオリティの教材一式と、プラス実力のある講師陣で、昔からずっと税理士合格者数の50%以上の結果を出す輝かしい実績を誇ります。
さしあたって受験生たちが、税理士の受験・合格体験記録などを、沢山集めて読んでいる理由というのは、ほとんどの場合、どうした勉強法・やり方がご自分に対してより適正であるのか、迷いがあるからではないでしょうか。
一般的に国内におきましてもトップクラスにランクインする難易度として名高い税理士試験の内容は、11科目の法律の範囲から複数の設問があるので、合格をしようとするなら、長きにわたる勉強時間が大事です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|世間一般的に税理士... | トップ | 税理士|一流講師より直接的... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL