税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|税理士につきましては…。

2017-08-22 02:40:01 | 日記

日中会社に通勤しながら資格をとるための勉強をして、ようやっと3度の試験にて税理士に合格することが叶った、当方の受験を思い返しても、近年の難易度の程度は、かなり難しくなってきていると思います。
法人の所得税について定められている法人税法は、事業を営む時には、決して欠かすことの出来ない基本の知識です。とはいえ、覚えなければならないことが沢山あることによって、業界内におきましては税理士試験の最難関と知られております。
税理士の役割を果たす地域に寄り添った法律家として、活動に期待が集まる税理士の身分は、権威ある職業資格です。比例して、試験の難易度の状況も相当難しいです。
合格率の割合に関しては、税理士資格を取得する難易度の高いOR低いかを指し示す確たる指標の1つですが、このところ、このパーセンテージが誰の目から見ても確実にマイナスになってきていて、受験生達で話題になっております。
簡単に言うと実際「足切り点」(足切り最低点)という注意すべき制度が、税理士試験には存在します。すなわち、「規準点に達していないという場合は、不合格となります」という水準点が定められているんです。

税理士につきましては、国内の法律資格試験の登竜門とされ、広い世代に支持されているのですが、また合格をゲットした将来には、個人にて事務所等を設立し、はじめから独立・開業の道も出来る法律系の専門試験であります。
最初からずっと独学で行っているのはすごいけど、日々のスケジュール調整であったり学習法などに、不安な点があるなんて場合であったら、税理士試験に的を絞った通信講座を受けてみるなんていうのも、いわゆる一つのやり方ではないでしょうか。
国家資格を取得して、そのうち「自らの力で新たな道を切り開きたい」とのような積極果敢な願いを持つ人であるなら、実際税理士の難易度がシビアでも、その大波も乗り越えられること間違いなしです。
法律を専門に学ぶ法科大学院で学業を修めた方でも、不合格となるようなことがあったりするので、キッチリした成果が期待できる勉強法をよく考えてトライしなければ、税理士試験にて合格を果たすというのは難しいでしょう。
先々資格を得るために受験の勉強を始める受験生にあたっては、「税理士試験に於いては、どれくらいの学習時間を堅持したら合格するのか?」といったことは、やっぱり事前に知っておきたいことでしょう。

実際に通信講座ですと、税理士あるいは税理士であっても、いずれとも指定先まで本等を送って頂けるため、各人の時間配分で、学習することが可能といえます。
全て独学で税理士試験合格を叶えるためには、本人が最善の勉強法を確立しなければいけません。そのような場合に、特段良いといえる工夫は、先の合格者が実際に行っていた勉強法と同じように行うことです。
ベテラン講師達に直で教えてもらうことができる予備校通学の長所は、魅力あることですが、集中力さえ保つことが出来れば、税理士通信教育での勉強で、必ずスキルアップが可能だと思います。
事実、税理士試験は、トップクラスを誇る難関国家試験といったように言われているため、とりあえず税理士対象の専門学校に入学した方が、安心できるかと思います。と言っても、独学であっても人によっては、とても上手くいくというような実例もよくあります。
実際簿記論におきましては、マスターしないとならない事柄は膨大なのですが、百発百中で計算する問題で作り上げられておりますから、税理士資格取得は国家資格の中では、比較的オール独学であっても、自分のものにしやすいカテゴリーの試験科目といわれております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|一流の教師の方から... | トップ | 税理士|頑張って資格を取得... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL