税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|昨今の税理士につきましては…。

2017-09-17 12:20:01 | 日記

国家試験制度の改定実施において、かつての運次第のギャンブル的なファクターが一切なくなり、正しく適格性があるのかが判別される実力本位の試験へと、税理士試験は基本から作り直されました。
資格試験に合格できないケースの、全体の学習時間の危険を見ますと、税理士試験につきましては専門スクールが開いている通信講座、他には通学しての講座受講を利用するのが、安全でしょう。
昨今の税理士につきましては、全体の合格率が6%あたりとされていて、実用的な事務系資格の内では、受かりづらい資格の一つに入ります。ですけど、全ての試験問題中6割以上正しく答えられたならば、合格間違いなしです。
一般的に全ての必須科目の合格率の平均数値は、10〜12%ほどで推移し、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が上のように感じがちですけれど、これにつきましては各受験科目の合格率であるわけで、税理士試験自身の合格率ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
現実的に完全独学での税理士資格の勉強法の選択を行う場合、特に問題としてあらわれやすいのは、勉強をしているうちに分からないところがあらわれた場合があっても、周りに頼れる人がいないことでございます。

一般的に大多数の受験者は、テレビCMなどが流れている有名な会社であるし確かだろうなんていうような、裏づけの無いアバウトな理由を掲げて、通信教育を決めてしまいがち。しかし、そんなものじゃ難関国家資格とされる税理士に、合格はできないといえるでしょう。
実際に多くの学校においては、税理士資格向けの通信教育が開催されています。それらの内には、iPod・USBメモリなどの携帯機器などを利用して、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育を提供している、学校なんていうのも出てきました。
税理士につきましては、法律系資格試験の門戸の狭い入口ながらも、様々な年の人たちに大人気となっているわけですが、見事合格した以降は、自分で事務所などを持って、独立して開くといったことも実現可能な法律系の専門資格試験なのです。
平成18年(2006年)度から、税理士試験制度については、広範囲にわたり修正がされました。一般科目よりも法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、選択式問題及び、40字記述式の問題というような今までには見られなかった新傾向問題も広く出題されています。
今日税理士の通信講座の中において、最もイチ押ししたいのは、合格実績が高いLEC です。活用する指導書におきましては、税理士になろうと頑張っている受験生の中で、最も優れたテキスト本として評判となっています。

根本的に科目合格制がとり入れられているが故に、税理士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験をしやすいのですが、とはいえ受験学習にかける期間が長引いてしまうことが通例です。ですので、是非とも先達たちの勉強法の内容を手本にすることを提案します。
まさに現在、はたまた今後、税理士試験に自分ひとりの力で独学にて取り組む方に向け公開している、情報配信サイトになります。サイトの中では合格を叶える為のキーポイントまた、詳しい仕事の事柄、そのやりがい等を色々掲載しております。
一般的に税理士は、全て独学で行っても合格を実現できる国家資格の一つでございます。殊に今日び、サラリーマン・OLなどの方が発起して志す国家資格としては可能性が高いわけですが、それとともに難易度も著しくハイレベルです。
実際に税理士試験におきましては、年齢はじめ性別に関する受験条件が無いため、学歴については制限がありません。ですので、今まで、法律についての勉強をしたことがなくっても、頭の良い大学を卒業していなくっても、そんなことは関係なく税理士資格取得はできます。
これより資格試験に向けて試験の勉強をし始めるといった方は、「税理士試験は、どれくらいの勉強時間を費やせば合格可能なのか?」ということが、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|今は…。 | トップ | 税理士|通学講座+通信講座... »

日記」カテゴリの最新記事