税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|現時点…。

2017-06-15 13:40:03 | 日記

資格をとるため専門学校にて税理士資格取得講座を受けたいと思うのだけど、近場に学校がどこにもない、仕事が忙しくて残業続き&休みがない、家の用事などで学校に行く時間がないなんていった方向けに、それぞれのスクールでは、通信講座制度を展開しています。
練習問題によりより理解を高めて基礎的な部分をしっかり身に付けた後、現実的な総括問題へとスウィッチしていく、一般的な勉強法をし続けるというのが、税理士試験の中の簿記論科目に関しましては、かなり効果的みたいです。
一般的に簿記論は、理解するべき内容はたっぷりなものの、ほぼ完全に計算問題が主要で組み立てられているため、税理士を目指すには他の国家資格よりも、比較的独学で臨んでも、身につけやすい試験科目内容とされています。
一般的に高い専門性を持つ内容なので、難易度が非常に高度となっておりますが、根本的に税理士試験に関しては、受験者のニーズに合った科目別合格制度があるため、一つの教科毎に数年費やしその都度合格をしても、オッケーとされている試験となっています。
科目合格制となっている、税理士試験に関しては、1度のうち、5種類の科目を受けることはしなくてよくって、1教科ずつ受験しても良いシステムとなっています。合格した科目については、この先税理士になるまで有効とされており安心です。

基本税理士試験におきましては、各々の科目あたり120分間しか受験時間が無いのです。その中にて、合格圏内に入ることができる点を獲得しないといけないため、当たり前ながらスピード&正確さは要求されるといえます。
税理士の国家試験制度の変更と一緒に、これまであった努力よりも運に関係する博打的な不安要素が除かれ、本当にスキルあり・なしの力量が品定めされる国家試験へと、昨今の税理士試験は根本から変わりました。
毎年総じて、税理士試験の合格率の値につきましては、ざっと2〜3%ほど。学習にかける時間数との相互の兼ね合いで考えると、税理士資格取得試験がどれほど難易度が厳しいか分かるでしょう。
元より税理士試験に挑む際においては、不十分な努力ですと合格することが出来ない、難易度の高い資格試験だと考えております。要するにちょっとでも空いた時間があれば効率良く&集中して使い勉強をコツコツ続けた方が、結果合格することが可能な試験なのであります。
そもそも税理士試験の特徴点としまして、達成度を評価する試験法となっており、合格者の上限数をはじめから確定していため、言ってしまえば試験問題の難易度そのものが、直接合格率につながってくるのです。

現時点、ないしは先々、税理士試験に自分ひとりの力で独学で臨む人を対象として公開しております、総合情報ニュースサイトであります。コンテンツには合格をゲットするためのキーポイントまた、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などをお伝えしています。
今日び税理士試験で合格を勝ち取るための、コンテンツ・サイトや、ベテランの税理士が、受験者を対象にして勉強のコツなどを教えてくれるメルマガ等を発行しており、情報収集能力かつ学習意欲をアップするためにも便利だと思います。
それぞれの科目毎の合格率のパーセンテージは、ほぼ10%強というように、いずれの科目とも難易度が高度な税理士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、社会人をしながら合格を実現できる、資格といえるのです。
税理士試験の勉強をしている折には、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションを持ち続けることが簡単ではなかったりというようなウィークポイントも見られましたが、全体的には通信講座をセレクトして、本当に良かったというように思っております。
税理士試験の役割は、税理士として活躍するために不可欠な深い知識、及びその応用する力や素質が十分あるのかないのかを、ジャッジすることを基本目的として、公的に開催されている高いレベルを求められる国家試験です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|結局のところ…。 | トップ | 税理士|基本科目合格制度が... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL