税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|世間一般的に税理士に関しては…。

2017-08-09 10:30:01 | 日記

めちゃくちゃ難関の資格試験といわれている税理士試験に立ち向かうには、ちょっとやそっとの努力なんかでは合格を実現できません。かつ独学にて合格を叶えるというのは、かなりの努力が必要でしょう。あなたにとってちょっとでも貢献できるインターネットサイトに思っていただけたら大変嬉しく思います。
実際税理士試験に関しては、各々の科目あたりたった120分しか受験時間が無いのです。そういった中にて、合格圏内に入ることができる点を得なければならないため、無論正確な解答スピードは必須です。
世間一般的に税理士に関しては、全て独学で行っても合格可能な資格の一つといわれています。確かに、社会人の方が成し遂げようと努力して挑戦する資格としては現実味がありますが、背中合わせでめちゃくちゃ高い難易度となっています。
税理士の代理で法律の仕事を執り行なう地域に寄り添った法律家として、盛んな活動が望まれます税理士の立ち居地は、社会の中で地位の高いといわれております資格です。ですから、その分試験の難易度の度合いにつきましても相当高難度となっております。
実際毎年、2〜3万名ぐらいの受験者が挑戦し、その中の600人〜最高900人前後位しか、合格を勝ち取ることが出来ません。この現況に注視しましても、税理士試験の難易度の加減が想像することが出来るでしょう。

実際に独学での税理士を目指す勉強法を選定する折に、最大に障害となることは、学んでいる間に気になる点等があらわれた場合があれど、周囲に質問できる相手がいないことであります。
実はDVD及び、テキストだけでの勉強スタイルに、少々不安を抱いていますが、本当に通信講座にて、税理士資格をゲットした人も沢山いますし、なので独学で取り組むよりかは、マシであるだろうと受け止めています。
こちらのサイトでは、税理士対象の通信教育を、失敗しないようにチョイスすることができますように、中立的な立場で判定できる内容を随時発信していきます。それ以後は、あなたが自分の目で見極めてセレクトしてください。
法律系の大学を卒業していなくとも、及びNO知識&経験であれど税理士を目指せますが、その分だけ独学で臨む場合は、寝る間を惜しむくらいの勉強することも要必須です。小生も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、思い知っています。
日本でもほぼトップクラスといえる難易度といわれている税理士試験の概要は、11分野の科目の法律から色々な難題が出題されますから、合格を狙うには、長期的なスパンにおいての勉強が必要になってきます。

法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は、会社を経営するうえにおいて、必須の知識といえます。しかし、中身のボリュームが多く存在するため、しばしば税理士試験の最難関というように言われています。
普通税理士試験を受験しようとする場合、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、これまでの学歴は指定はないものです。それ故、従前に、もし法律の専門的な勉強を何にもしたことがないような素人であろうとも、有名な大学を卒業していないという方でも、税理士の資格は取得可能となっています。
仕事をやり続けながら勉強を両立して、ついに3回目のトライで税理士に合格できた、私本人の過去を振り返っても、ここ数年来における難易度に関しては、めちゃくちゃアップしてきているとした印象を持っています。
税理士試験の勉強をやる上で、長時間集中力の持続が出来なかったり、常時前向きなモチベーションを維持することが苦しいというようなウィークポイントも味わいましたが、全体として通信講座を行って、合格を勝ち取れたといったように考えております。
合格できず落ちたときの、合計勉強時間のリスキーな点を考えると、税理士資格取得の受験に関しましては学校が提供している通信講座、あるいは直に専門学校を活用すると言ったのが、より固いとみなしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|税理士の役を担う街... | トップ | 税理士|法律系の学部を専攻... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL