税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|実際に法人税法の内容は…。

2017-06-30 16:40:06 | 日記

日本国内でもトップクラスにランクインする難易度となっている税理士試験に関しては、憲法はじめ11の科目の法律からたっぷり試験問題が出題されるため、合格を狙うには、長期間の取り組みが必要でございます。
仕事をやり続けながら並行して勉強を行い、やっと3回目の試験で税理士合格を果たした、わが身のくぐり抜けてきた体験を回顧しても、近年の難易度は、明らかに高めの傾向があるのではないでしょうか。
一般的に税理士試験を独学でパスするのは、難易度が高いですが、勉強法を変えてみたり、沢山の情報を確実に集めるようにすることで、短い時間&少しの勉強量で合格を狙うのも、不可能なことではないでしょう。
実際に「くらしの法律家」として、活躍可能な税理士の試験を受ける上で、学歴につきましては関係ありません。どんな人でも挑戦可能ですから、通信教育内でも、年齢や性別を問わず幅広い層に関心を寄せられている国家資格であります。
一般的に全ての必須科目の合格率の平均数値は、10〜12%ほどで推移し、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が高めに見えるかと思われますが、これにつきましては各受験科目の合格率の値であり、税理士試験丸ごとの合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。

実際独学での税理士受験の勉強法を選定する折に、とりわけ壁となる可能性があるのは、勉強を行っていて何か疑問事項があるといった場合に、周りに頼れる人がいないことでございます。
実際に法人税法の内容は、ビジネスをする上で、根本に必要とされる基礎的な知識となっております。とは言っても、暗記事項が膨大であるため、税理士試験の教科の中にて一番の難関という風に言われます。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制でございますため、税理士試験におきましては、仕事を持っている社会人の方たちも受験に臨みやすいのですが、その分受験学習にかける期間が長めになることが一般的です。ですので、是非とも先達たちの勉強法の具体的手法にチャレンジすることも必要でしょう。
簿記論の教科に関しましては、覚えなければいけない量は沢山ございますけれども、百発百中で計算式の問題で出題が行われますから、税理士に合格するには他の国家資格と比べても、独学で挑戦したとしましても、マスターしやすい部類の科目に当たるのです。
本当に税理士試験に挑む際においては、全力で臨むようにしないと合格できない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。即ち少しでも使える時間があったら効率的に費やし勉強に励んだ受験生が、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。

現在は税理士試験向けの、ホームページや、現役のプロの税理士が、受験をする人たちにあててメルマガニュース等を発信中で、情報収集の力のみならずやる気を向上・持続するためにも利用できるものです。
一般的に高難度といったように言われております税理士試験の難易度状況は、著しく高度なもので、例年の合格率も2パーセント〜3パーセントと、日本の国家資格の中でも、ハイレベルとされるド級の難関試験なのです。
科目ごとの合格率に着目しますと、大まかに10%くらいと、全ての教科とも難易度が高度な税理士試験は、科目別合格制度でありますので、会社で働きながら合格を現実にすることが可能な、資格といえるでしょう。
現実的に合格判定が出なかった時の、総勉強量&時間のムダを思いますと、税理士資格取得の受験に関しましては学校が開催している通信講座、ORダイレクトに教わる通学式講座を活用すると言ったのが、事無きを得るものでしょう。
実際に5種類の科目に合格するまで、長い年数がかかってしまう税理士の難関試験では、ずっと勉強していられる十分な環境条件が、重要なポイントになり、通信教育(通信講座)については、取り立ててその部分があげられます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|ちょっと前までは税... | トップ | 税理士|難しい「理論暗記」... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL