税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|これから税理士資格をゲットする為に試験学習をスタートする人達におきましては…。

2017-06-14 17:40:01 | 日記

非常に難関とされる資格試験となっている税理士試験に立ち向かうには、全力で向かわなければ100パーセント合格は叶いません。それもましてや独学で合格を勝ち取るためには、物凄くガンバル必要がございます。けれど少々でも何か役立てるページになれば非常に幸いに思います。
通常通信教育でありますと、税理士試験1本に焦点を合わせた方策を全て網羅した、受験向けの学習材があるので、独学で進めるよりも勉強方法が得やすく、勉強を効率的に進めやすいといえます。
実のところDVD授業だとか、テキストを見て行う勉強スタイルに、心なし不安感があるのですが、事実上通信講座を受けて、税理士の難関資格を取った受験生もとても多いし、全部独学で実行するよりは、まだいい方なんじゃないかなと思います。
勉強できる時間が毎日不足なく持てる人は、王道とされる勉強法でやれば、税理士試験の合格も実現可能ですけれど、会社とか家庭とか制約される条件がある方にとっては、ベストな取組方法ではございません。
現実的に合格率3%前後の難易度が高度な、税理士試験にて合格をするためには、オール独学での勉強のみで挑むのは、容易に事が運ばないようなケースが多く見られ、専門スクールに通うかあるいは、通信教育を受け学ぶのが多数派となっております。

税理士試験の合格率は、1・2%程度という結果が出ています。最近では、法科大学院(専門職大学院)という教育の場ができ、その過程を済ませれば、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が授与されます。
学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方を一緒に受講できるカリキュラムがある、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、優れた教本セットと、ベテランの講師たちにより、長年税理士合格者の2分の1を輩出するという自慢の実績を誇っています。
常時何事にも「法律をベースに置いた客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」かそうでないのかを確かめるような、超難易度の上がった試験としていわれているのが、昨今の税理士試験のリアルな現状ではないかと思います。
非常に専門的な試験の内容ですから、難易度がかなり厳しいものですが、基本税理士試験においては、社会人も受験しやすいように科目合格制度を取り入れているから、各科目毎5年にわたり合格を積み重ねていっても、支障はない試験なんです。
これから税理士資格をゲットする為に試験学習をスタートする人達におきましては、「税理士試験については、どれだけの学習時間を維持したら合格が実現出来るんだろうか?」ということが、やはり把握しておきたいかと思います。

受講料が30万円以上かかる、それともまた50万円〜必要な、税理士向けの通信講座も珍しくないものです。ちなみに受講する期間も、一年を越す長い期間の教育コースになっていることが、多くあります。
実際事例や演習問題でより理解を高めて基盤を固めてから、実践的な総括問題・思考問題へとシフトする、昔からのオーソドックスな勉強法でやるのが、税理士試験を受験する際の簿記論合格には、まさに効果があるようです。
現実的に税理士試験を学校・スクールなどへ行かずに独学でパスするのは、高難度でありますけれど、勉強のやり方をアレンジするとか、沢山の情報を確実に確認することで、短いスパンで試験合格を果たすのも、夢ではありません。
色々利点がある、税理士の専門学校に通学する上での勉強法でありますが、トータルで数十万円というそれ相当の投資が要されますから、誰でも参加できるものじゃないのも事実です。
科目ごとの合格率の割合は、大概10%少々と、全教科とも難易度のレベルが高い水準の税理士試験は、科目合格制度が採用されているので、仕事に就きながらの合格も無理ではない、資格なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|基本通信教育では…。 | トップ | 税理士|オール独学で税理士... »

日記」カテゴリの最新記事