税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|基本科目合格制度がある…。

2017-06-15 16:40:02 | 日記

ここ何年かいつも、税理士試験における合格率は、たった2〜3%です。必須とされる学習期間との互いの釣り合いにて考えたら、税理士の資格試験がどれほど狭き門か見てとれるかと存じます。
このインターネットサイト上では、税理士用の通信講座(通信教育)を、キッチリ選択できるように、公平に評価できる情報を色々載せていきます。それ以後は、ご本人様で選んでいってください。
税理士試験というのは、現実的には記述式の問題だけしか存在せずというように、判断して問題ないです。その理由は、口述での試験なんかは、よほどでないと決して落ちることのない簡単な試験だからです。
今日の税理士に関しては、物凄く難易度高の試験内容になっており、通信教育をどこにするかで、合否判定が決まってしまいます。ですが、種々の会社が見られ、どこにすると合格を実現できるか、なかなか決められない人も多いでしょう。
実際税理士の合格率の値は、約1.75%と把握されています。近年においては、法律専門研究の法科大学院という機関が新しくでき、全過程の学業を終えることが出来れば、新司法試験を受けられる資格を獲得することができます。

世間一般的に合格率の数字が全体の7%前後とすると、税理士の受験はとっても難易度が高そうにみえるものですけど、指標に基づくボーダーラインの総じて60%以上の受験問題が合ったならば、合格判定は100%間違いありません。
金融取引等のことが含まれる法人税法については、ビジネスを行うというケースにおいて、欠かすことの出来ない学識になります。そうはいえども、暗記することが沢山あることによって、受験生の間では税理士試験の第一の関門と知られております。
実際に合格率3%程度の門戸の狭い、税理士試験にて合格を得るためには、独学でする受験勉強だけですと、一筋縄ではいかないことがいっぱいあり、予備校に通学するか、通信講座(通信教育)にて受験勉強に努めるのが普通といえます。
中には法科大学院卒でも、不合格の判定がでることが生じたりするほどですから、ツボを押さえた効果的な勉強法を把握した上でチャレンジしなければ、税理士試験に合格するのは容易なことではございません。
実際司法試験と近い勉強法でございますと、未経験の税理士試験のみの専業受験生と比較して、トータルの勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。それだけでなく妥当な成果は無いに等しく、対費用効果が低くなります。

基本的に税理士試験につきましては、狭き門とされております、日本の国家資格の1つ。ここにおいては、目的とする税理士試験に必ず合格するための効率的な勉強法などを、自分自身の合格ゲットの生の経験を基に詳細に書きます。
根本的に税理士試験の特徴的な事柄は、評価基準に基づいた試験システムであり、合格人員数を最初から設けておりませんので、要するに試験全体の難易度自体が、明らかに合格率に表れてきます。
事実、税理士を狙うという場合では、学校にも通わず独学スタイルで合格をしようとする受験者が少ない状況であり、別の資格取得試験に比べたら、役に立ちそうな市販の学習材も全くと言っていいほど、つくられておりません。
基本科目合格制度がある、税理士試験につきましては、一回に、5科目全てを受験することは義務付けられていなくて、各々の科目に分けて受験することもOKとされています。合格した科目については、この後も税理士となるまで有効とされており安心です。
現実「通信教育のユーキャン」の税理士の通信講座は、例年大よそ2万名から利用登録されていて、全然知識がないという初心者だとしましても、辛抱強く国家資格がとれるまでの過程をマスターできる、高品質の通信講座となっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|現時点…。 | トップ | 税理士|原則的に税理士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL