税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|リーズナブルな値段設定や問題が出題される範囲を絞って…。

2017-07-14 16:00:05 | 日記

税理士試験に関しましては、これといった受験資格というものはなくて、学歴に関しては全く不問です。今に至るまで、法律に関係する専門の学習を全然やったことがないといった人であっても、頭の良い学校を卒業しておらずとも、そんなことは関係なく税理士資格取得はできます。
基本的に会計分野の簿記論は、マスターしないとならない事柄は仰山ありますが、ほとんど計算タイプの試験問題にてつくりだされているため、税理士の資格を得ようとするためには、割かし完全独学でも、マスターしやすい部類の科目に当たるのです。
実際かかる費用が30万以上、コースによっては50万を超える額の、税理士対象の通信講座なんかもそんなに珍しくないものです。それについては契約期間も、1年程度〜の長い期間の教育コースになっていることが、しばしばございます。
国家試験の税理士試験における合格率の値は、およそ10%程度と、難関と表されているにしては、他の国家資格よりも高合格率となっています。だとしても、1回で合格できるのは、極めて困難で望みが薄いということがわかっています。
昔から税理士試験においては、壁が高いと認識されている、ステイタスある国家資格の1つ。このサイトでは、将来税理士試験に必ず合格するための能率的な勉強法等を、運営者自信の合格出来るまでの生の経験を基に記載します。

リーズナブルな値段設定や問題が出題される範囲を絞って、学習ボリュームを出来るだけ減らしたコース、優良な教本セットなどが大人気の資格取得に強いフォーサイト。税理士通信講座ならまずコレ!等と口々に言われているくらい、人気が集まっております。
実際合格の結果が得られなかった時の、学習量・時間のリスク加減を考慮すると、税理士の受験は専門予備校の通信講座、それともまた通学しての講座受講を選ぶのが、間違いなく無難とみなしています。
日本の法人税法に関しては、事業所を運営する中で、絶対に覚えておかなければならないマストな知識になります。ですが、暗記事項が相当あるんで、税理士試験の科目の中で最大の壁などと言われているのです。
数年前までは合格率約10%以上をキープしていた税理士試験も、なんと今や、1割以下の率でずっと定着をみせております。合格率一桁のケースですと、難易度上位の難関資格のひとつとして、挙げてもいいでしょうね。
実際に税理士の代理の頼れる街の法律家として、活躍発揮が期待されている税理士におきましては、社会的な地位のあるといわれる資格です。比例して、試験の難易度の状況も物凄く厳しいものであります。

実際に税理士試験の勉強をやる上におきましては、集中力を保つことが困難だったり、モチベーションを上げることが苦しいというような短所も感じておりましたが、全体的に見て通信講座を選んで、合格への道が切り開けたように思われます。
一般的に税理士は、一から独学で臨んだとしても合格を実現できる国家資格の一つでございます。中でも現今、会社員として勤務している人が積極的に努力する資格としましては将来性がありますが、その反面高難易度とされております。
実際くらしの法律専門家として、専門分野で活躍する税理士の試験を受ける場合に、資格については必要有りません。条件ナシで誰でもチャレンジすることが可能なため、通信教育の資格講座でも、性別・年齢関係なく支持されている国家資格となります。
実際合格率約7〜8%と、税理士試験についてはかなり難易度の高い国家試験です。そうは言っても、行過ぎるくらい不安感を持たないようにしましょう。地道に努力を積み重ね続けることにより、どんな人でもしっかりと合格への道は開けますよ!
現実的に毎年、大よそ2万・3万人の方たちが受験をして、多くとも900人のみしか、合格を勝ち取ることが出来ません。この状況に着目しましても、税理士試験の難易度の高さがわかるといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|仕事をやり続けなが... | トップ | 税理士|個別論点の内容を勉... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL