税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|練習問題によりより理解を高めて基礎の部分を掴んだ後…。

2017-07-15 19:30:06 | 日記

一般的にオール独学で、合格を獲得するというのは、実現可能です。ただし、現実的に税理士の試験は10人トライしても、合格できた人が1人もいないというハードルの高い試験といわれています。合格を勝ち取るには、早期に正しい勉強の仕方・コツを習得しなければいけません。
練習問題によりより理解を高めて基礎の部分を掴んだ後、実用に基く応用問題にレベルアップしていく、いわゆる王道の勉強法で取り組むのが、税理士試験の内におけます簿記論合格には、まさに効果があるようです。
勉強法が合っているかはそれぞれで全て独学であれど、十分、税理士の役割について習得できるんであれば、合格ゲットも実現可能です。ともあれ、それについては物凄い、長い学習時間を保持するといったことが必要です。
実際合格者の合格率は、税理士受験の難易度状況を示す明白な指標のひとつとなっていますが、ここにきて、このレートが顕著にマイナスになってきていて、受験生たちに注目されています。
予備校の税理士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、近くの地域にはそれらの専門学校が存在しない、会社が忙しい、スケジュールがつまっており学校に通う時間などない等の人向けに、各スクール毎で、自分のペースで取り組める通信講座のサービスの提供を行っています。

実際税理士試験を独学でやるのは、相当厳しいことでありますけれども、トライしてみたいと考えている方は、まず先に会計の科目の勉強からスタートしてみると良いかと思います。
実際税理士試験に関しては、1つの教科毎で120分間しか試験の時間が与えられていないです。決められたタイムリミット内で、合格レベルに達する点をゲットしなければいけないから、当然ながら要領の良さは要求されるといえます。
かいつまんで言えば「足切り点」(第一段階選抜)としたような受験制度が、税理士試験においてはあります。つまるところ、「一定の成績に到達していないと、合格になりませんよ」とされます境界の点数が最初に設けられているわけです。
実際に独学での税理士試験に向けての勉強法を選ぶ状況で、特に問題としてあがるのは、学習している中にて不明な点が一つでも生じたという折に、誰かに質問するということができないことです。
税理士の国家試験の合格率のパーセンテージは、1割ほどと知られております。今日び、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院というものが新たにつくられて、その学科を終了することになれば、新司法試験を受験する折の必須資格が与えられます。

最近の税理士については、著しく高い難易度の試験になっており、どこの通信教育を選択するかで、合格・不合格が決まってきます。しかしながら、数え切れないくらいの会社があるため、何処を選んだら最も良いか、迷ってしまう受験者も多くおられるとみえます。
受講代金が少なくとも30万円以上、または50万円〜必要な、税理士資格の通信講座といったのも特別ではありません。それに関しては受講契約の期間も、1年以上継続の長い月日のスタイルであることが、多くあります。
平成18年度に入ってから、法律系資格の税理士試験は、様々に訂正されました。例えば法令科目が、多数出題されるようになり、多肢選択方式の問題やまた、記述方式問題みたいな思考力が求められる新しい傾向の問題というのもお目見えしました。
実のところDVD授業だとか、テキストブックを見ての勉強の進め方に、少々不安になってしまうのですが、実際通信講座を活用して、税理士資格取得を実現した人も沢山いますし、オール独学よりかは、いいはずであると信じています。
基本的に税理士試験に関しましては、決して簡単なものではないです。合格率で言えば、たった10%〜12%となっております。とは言え、一回に限った試験で挑むのではなく、何年もかけることで合格を獲得しようというのであったら、特別実現できないことではないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|国家試験制度の改定... | トップ | 税理士|科目合格制となって... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL