税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|只今…。

2017-06-28 17:30:00 | 日記

税理士の国家試験の合格率のパーセンテージは、1〜2%位と発表されています。近ごろでは、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院とした新規の教育施設が設立されて、全部の教育課程を卒業することによって、新司法試験を受験する資格が授与されます。
各年、約2・3万人が受験を行い、僅か600名〜900名ほどしか、合格を得られません。こうした現状を鑑みても、税理士試験の難易度レベルが高度であることがわかるといえます。
いざ個別の論点をやりはじめたら、関連している訓練問題にやれるだけ積極的に取り組んで、問題に慣れる対策をとっておくというような勉強法を盛り込むのも、税理士試験の簿記論対策法にとってはかなり効果のあるものです。
税理士の役を担う身近な街の法律家として、社会的に活躍が期待される税理士におきましては、社会的身分の高いといわれる資格です。当然、それだけ試験の難易度レベルも著しく難しいです。
こちらのウェブサイトにおきましては、税理士資格取得を目指す通信教育を、正当にセレクトすることができるように、ニュートラルな見方で判断可能な多種多様な材料を提供していきます。それらを基に、後はあなたが自分の目で最適なものを選んで。

基本的に通信教育は、教材自体の質が命といえます。今日ではDVDやまたウェブでのオンライン配信などの映像を使ってのツールも大変充実しておりますけれど、税理士の資格専門学校によって、指導方法は実に様々です。
法人税法につきましては、事業所を運営する中で、必ず知っておくべき基礎的な知識となっております。ですが、中身のボリュームがめちゃくちゃあるので、受験者の中においては税理士試験の最大の難関等と表現されていたりしています。
一般的に税理士の資格取得は、リアルに合格率が6%位となっておりますので、事務系国家資格のジャンルでは、非常に難しいレベルの資格だと感じられるでしょう。けれども実際のところ、全問題中60%以上正解になれば、合格できるのです。
一般的に高い専門性を持つ中身となっており、難易度高ですが、基本的に税理士試験につきましては、便利な一部科目合格制の採用を行っているため、それぞれの科目ごとに数年費やしその都度合格をしても、認められている試験なのであります。
現実的に合格判定が出なかった時の、トータルの勉強時間のリスク度を案じると、税理士資格の受験は学校が提供している通信講座、でなければ通学タイプの講座を選定するのが、安全ではないかと思います。

あらかじめ会計事務所ですとか税理士事務所で働いて、実務経験を積み増しながら、徐々に学習をしていくといった人の場合は、通信講座の学習方法が適切だと言えるのではないでしょうか。
只今、あるいは近い将来、税理士の資格を得るために独学の勉強法でトライする受験者のために作り上げた、便利なコンテンツサイトとなっております。その中では合格をする為の身につけておくとベターなテクニックはじめ、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などをお知らせしております。
実際税理士試験の合格率に関しましては、10〜12%と、超難関と知られている割には、高めの合格率が出ております。だとしても、最初の一発で合格を実現するのは、ほぼ不可能なことということがわかっています。
誰にも頼らず独学での税理士を狙う勉強法を決定する場合に、最大に問題として出やすいことは、勉強途中に不明な点が生じた折に、誰かに質問するということができないことです。
試験システムの見直しに伴って、従来の運・不運に振り回される博打的条件が一切なくなり、事実上適格性があるのかが判断される難易度の高い試験へと、税理士試験は基本から作り直されました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|安めの価格設定…。 | トップ | 税理士|現実税理士試験は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL