税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|簡単に言うなら合格するには「足切り点」とした気になる制度が…。

2017-08-13 18:40:01 | 日記

さしあたって受験生たちが、税理士の合格・資格取得までを書いたブログ等なんかを、あれこれリサーチして見られている理由は、高確率で、どういうような勉強法が自分にとって妥当なのか、迷いがあるからではないでしょうか。
毎年国家試験における税理士試験の合格率の数字は、10%前後と、難易度レベルが高めと知られているにしては、国家資格の中でも合格率が高めであります。されど、最初の一発で合格を叶えられるのは、可能性がほぼゼロであるというのが現実のようです。
税理士試験といいますのは、税理士になるために必ず要る深い知識、及びその事柄を応用する器量が十分あるのかないのかを、見ることを最大の目的に、公的に開催されている高難易度の国家試験です。
普通税理士試験というのは、歳ですとか性別・学歴・職歴などという条件は全く無く、どういった人であれど受験可能でございます。これまで法律についての知識が全然ない方であろうと、適切な受験への対応策をとれば、高確率で合格することができるんですよ!
簡単に言うなら合格するには「足切り点」とした気になる制度が、税理士試験には存在しております。分かりやすくいうと、「定められた点に達していないとしたときは、不合格となります」とされる点数といったものがございます。

一般的に通信教育では、どちらの学校でも税理士試験1本に焦点を合わせた方策を不足なくピックアップした、独自の学習教材がございますので、独学で取り組むよりも勉強方法が認識しやすく、勉強がやりやすいと言えるでしょう。
一般的に税理士試験の独学での合格は、高難度でありますけれど、勉強スタイルをいろいろチェンジするとか、把握しておくと良い情報を積極的に確認することで、短期スケジュールで合格を狙うのも、不可能なことではないでしょう。
現実的に税理士試験の目立った特性の1つとして評価基準に基づいた実力を問われる試験でありまして、資格合格者の総数を決定していないので、すなわち本番の問題の難易度そのものが、明らかに合格率に深く影響します。
高い網羅性を誇っている専門書にすら見たことのない、知識が必要となる問題におきましては、直ちに諦めるべきです。割り切りを持つのも、高難易度の税理士試験に合格するには、肝心なことなんです。
普通税理士試験を受験しようとする場合、厳密な受験条件などなく、学歴に関しては限定されておりません。なので、それまでに、法律につきましての勉強を一度もやったことが無いようでも、名高い大学卒の経歴が無くとも、税理士の資格は取得可能となっています。

今は、学校に通って授業を受講しているとした方たちと、特段差が無い試験勉強をすることが可能です。そのことをリアルに可能とするのが、まさに税理士対象の通信講座の主流である学習教材といわれているDVDによるものです。
通信教育に関しては、教材の精度の高いOR低いが大きな影響を及ぼします。ここ最近はDVDをはじめとするオンライン配信といった動画授業も豊富に揃っていますが、税理士の専門スクール毎で、教材内容は差異があります。
基本税理士は、学校や通信教育を受講しないで独学で挑んでも合格を目指せる資格とされております。目下、仕事をしている人が前向きな姿勢で臨む資格としては期待大でありますが、同時に難易度も相当高いものであります。
日本でも最上の難易度として名高い税理士試験の内容は、11科目の法律の内から幅広い難題が出題されますから、合格するまでには、長期スパンの学習をすることが必須であります。
実際税理士の役回りをつとめる暮らしの法律家として、活発な働きが要求されます税理士の立ち居地は、威信を伴うといわれている資格であります。それに伴い、試験の難易度に関しましてもスゴク高めであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|税制の消費税法は…。 | トップ | 税理士|もともと科目合格制... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL