税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|網羅的なテキスト書においてもピックアップされていない…。

2017-08-13 13:00:03 | 日記

課税等の消費税法は、税理士試験の科目の内では、言うほど難易度は高くなっておらず、簿記の基礎の学識を確実に理解しておくことで、割かし難なく、合格点数のボーダーを越すことが出来るはず。
今の時点に皆さんが、高難度の税理士のリアルな合格体験ブログなどを、沢山集めて目を通しているワケは、ほとんどが、いかなる勉強法が自分にとって効果的なのか、考えあぐねているからでしょう。
今時は、専門スクールに通ってベテラン講師陣から直に教わっている方たちと、言うほど差が開かない勉強が実現されています。この点を現実のものにするのが、今日び税理士専門の通信講座の主流といえる教材と言われておりますDVD教材です。
基本特徴ある科目合格制というやり方となっておりますので、税理士試験は、働いている社会人の人達も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験に向けて取り組む期間が長めになる可能性があります。ですから、先輩たちの取り組んできた勉強法を覗いてみることも大切です。
通常5科目合格を叶えるまでに、長期間にわたってしまう税理士資格の受験では、スムーズに勉強継続が出来る十分な環境条件が、肝要で、現実的に通信教育のコースは、取り分けその点が言えるのではないでしょうか。

税理士資格の試験制度の改訂に伴って、従来の運・不運に振り回される賭博的な面が全部消え、現実に能力があるのかどうかといったことが大きく問われる高難度の試験へと、税理士試験は基本から作り直されました。
簡単に述べますと「足切り点のライン」といった受験制度が、税理士試験の上ではあるのです。簡潔に言えば、「定められた点以下ならば、不合格です」という水準点が設定されております。
網羅的なテキスト書においてもピックアップされていない、教養を要する試験問題等は、早々に諦めるべきです。つまりいざ割り切る行動も、難易度がめちゃくちゃ高い税理士試験に臨む場合には、大事なポイントなのでございます。
最初から独学のみで勉強を行うという、強い思いはないわけですが、自分自身の歩度に合わせて学ぶことができたら方には、税理士対象の通信講座を選んだ方が、ベターな勉強法といえます。
一般的に通信講座に申込すると、税理士であれど税理士であっても、いずれとも受講者のお家まで教材一式を郵送していただけますため、あなたの限られた時間を有効活用して、勉強に励むといったことが可能となっています。

こちらのHPサイトでは、税理士向けの通信教育を、的確に正しくチョイスすることができますように、客観的な視点で決定できる色々な判断材料をお届けいたします。そうしてそれをベースにご本人様でオンリーワンをチョイスしましょう。
仕事を継続しながら真面目に勉強を行って、3回目の正直で挑んだ試験で税理士資格試験に合格することができました、小生の経験をみても、ここ2・3年の難易度の程度は、かなり高めの傾向があるような気がしております。
近々資格試験に向けて試験の勉強をスタートする人達におきましては、「税理士試験に関しては、どれだけの学習時間をとったならば合格をゲットできるのか?」といった情報は、気になる点だと思います。
門戸が狭いというように名高い税理士試験の難易度に関しましては、超難しくって、合格率の状況もたったの2%・3%と、法律系国家資格の中でも、上位を誇っている超難関試験といえます。
科目ごとの平均の合格率については、ほぼ10%前後と、各科目もそろって難易度高の税理士試験は、いわゆる科目合格制であるため、勤務しながら合格することも決して不可能でない、資格といえるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|現実的に専門知識が... | トップ | 税理士|税制の消費税法は…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL