税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|もともと科目合格制が採用されていることから…。

2017-08-14 01:50:01 | 日記

お仕事をやりつつ資格をとるための勉強をして、どうにか3度の受験で税理士の合格を勝ち取った、自分の乗り越えてきた経験を見つめ直しても、最近の難易度は、スッゴク上がりつつあるとした印象を持っています。
税理士の仕事に就くことは、法律上の資格試験の難関でありながら、男女問わず・世代関係ナシで注目されており、そして合格を勝ち取った先々には、早々に個人での事業所などを設立し、独立して開くといったことも不可能でない法律系の専門試験であります。
どのようなテキストで勉学に努めるかなどより、どんな種類の効率いい勉強法で取組みを行うのかの方が、殊に税理士試験で合格のためには大切なポイントとなります
もともと科目合格制が採用されていることから、税理士試験は、仕事を持っている社会人の方たちも受験しやすくなっていますが、その代わり受験勉強期間が長引いてしまう傾向が見られます。ですから、先輩たちの勉強法の具体的手法にチャレンジすることも必要でしょう。
今は税理士試験で合格を勝ち取るための、インターネット上のサイトページであるとか、プロの税理士が、受験生に宛てて随時メルマガ等を出していて、情報集め・読解力&モチベーションともにずっと維持し続ける為にも活用することができるでしょう。

現に、税理士資格をとろうとするケースにおいては、一から独学で合格を目指そうとする受験生が多く存在していないことも関係して、他にある国家資格試験に比べると、役に立ちそうな市販の学習材もそんなに、つくられておりません。
今現在、あるいはこれから、税理士に一から独学で試験を受ける方々あてにつくった、特化した専門サイトです。そこでは試験に合格する為のキーポイントまた、先輩税理士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など多々載せています。
2006年度から、国家資格の税理士試験は、沢山変化しました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、重んじられるようになりまして、多肢択一タイプの問題とか、記述方式問題みたいな暗記だけでは解けない問題なんかも出されるようになっております。
国内の法人税法に関しましては、事業を展開する際に、絶対欠かせないベースの知識でございます。とは言っても、覚えるべきことがめちゃくちゃあるので、世間では税理士試験の一番の難関とされています。
仕事をしながら、税理士を狙うといった方もおられるのではないかと思いますんで、自分自身の取り掛かれることを限りある時間の中で日ごと確実にやっていく姿勢が、税理士試験合格への最も近い道となるのかもしれないです。

一般的に高い専門性を持つ試験内容で、難易度が超高くなっておりますけど、原則的に税理士試験については、受験者のニーズに合った科目別合格制度が実施されているので、それぞれ5年の期間を費やして別々に合格しても、アリの試験とされています。
個々の教科の合格率の値に関しましては、大よそ10%そこそこと、1教科1教科とも難易度が高度な税理士試験は、科目別合格制度でありますので、会社に勤めながら合格を獲得することができる、資格といえるのです。
大概の資格スクールに関しては、税理士資格取得の通信教育が開催されています。そうした中には、携帯型デジタル音楽プレーヤーなどを利用して、時代の先端を取り入れた通信教育を実施している、資格取得学校なんかも多くございます。
税理士試験を受験する場合には、基本的には筆記タイプの試験だけしかこなさなくてよいと、判断して問題ないです。その理由は、面談での口述試験については、余程の出来事が無い限りは決して落ちることのない形式的な試験だからです。
地域に密着した『くらしの法専家』として、活躍可能な税理士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は必要有りません。どのような方でもチャレンジ可能なので、通信教育のコースの中でも、性別問わず幅広い年齢層より関心を寄せられている国家資格であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|簡単に言うなら合格... | トップ | 税理士|つまり税理士試験と... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL