税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|結局のところ…。

2017-06-15 08:50:01 | 日記

当然税理士試験を独学にて行うのは、相当難しいことではありますけれど、それでも挑んでみたいと考えている方は、さしあたって財務諸表論等の会計科目を学ぶことからやり始めることを推奨します。
これまで法律に関しての経験などないのにも関わらずに、短期集中で税理士試験合格を果たす猛者もおります。この人たちに同じように見ることが出来る点は、皆個々にとって適切な「実践的な勉強法」をチョイスできたことといえるでしょう。
結局のところ、勉強スタイルは各人により違い独学で行っても、ちゃんと、税理士の役割について理解することができましたならば、資格取得は不可能なことではないです。だけど、これにはよっぽど、長時間を費やすということが求められます。
無論たった一人で独学で、合格するということも、できることといえます。だけども、税理士の資格試験は10人挑戦しても、1人も通過できないときもみられるとっても難しい試験といわれております。見事突破するためには、確実な勉強スタイル・術を会得することが求められます。
常時何事にも「法律をベースに置いた思考が出来る人物」であるかそうじゃないかを選別するような、大分難易度の高い資格試験となっておりますのが、ここ数年の税理士試験の真実と受け止めています。

丸々独学でやるもの良いけど、試験までの日程管理及び勉強の方法についてなどに、ちょっぴり不安を感じてしまうようなときには、税理士試験専門の通信講座にて学習するのも、1つの進め方なんではないかと思っています。
普通税理士試験を受験しようとする場合、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、大卒等の学歴は問われません。これまで、法律に関しましての勉強を行ったことがない場合でも、頭の良い学校を卒業した学歴を持っていなくても、税理士の資格は取得可能となっています。
スクール代が30万円超え、はたまた50万円超えの、税理士資格取得の通信講座もよくあります。ちなみに受講する期間も、1年以上続く長期にわたるスタイルであることが、一般的です。
合格率につきましては、税理士の資格を得る際の難易度のレベルをチェックする確たる指標の1つですが、ここ何年かは、このレートが明らかに下がってきており、受験生の皆さんに関心を持たれています。
法律系国家資格の中でも、特段難易度が高めである税理士の職種でありますけれど、他よりも合格へ行き着くまでの道が容易ではないほどに、見事資格を獲得した以降には人材の受け入れ先の多さや年収増、同時に高ステータスのポジションを構築できるといったことも確かです。

司法試験と同じ勉強法でおこなうケースだと、新参の税理士試験オンリーの受験生に比べ、勉強のボリュームが大量になりやすい傾向です。加えて満足できる結果は見ることが出来ず、対費用効果が低くなります。
すなわち税理士試験については、税理士の地位で仕事にするために求められる学問の理解と、応用力・考える力が存在するのかしないのかを、見極めることを大きな目的として、行われております法律系の国家試験です。
社会人をしながら、税理士になることを夢みている人も沢山存在すると思われますので、ご自分のできる事柄を日毎着々と努めていくのが、税理士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
全て独学オンリーで勉学に励むほどの、モチベーションはございませんけど、ご自分の調子に合わせながら学ぶことができたらという受験生には、事実税理士専門の通信講座を受けた方が、好都合な勉強法であるといえるでしょう。
法令系の国家資格であって、高度な知識や経験を必要とする職分の、税理士かつ税理士なんですけれど、難易度を見ると税理士の方が難度が高くて、その上業務の詳細につきましても、かなり各々異なっております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|リアルに会計事務所O... | トップ | 税理士|現時点…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL