税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|通常通信講座を受講するという時には…。

2017-07-06 19:20:04 | 日記

通常通信講座を受講するという時には、税理士だとしても税理士にしましても、どちらも受験生の家に教材各種を送り届けて貰えるから、各人の好きな時に、勉強を行うことが可能といえます。
一般的に税理士試験は、1科目に対したった120分しか受験時間があてられておりません。つまりその限られている時間内にて、合格レベルに達する点を取らないといけませんから、勿論のことながら正確な解答スピードは絶対に必要です。
平成18年度に入ってから、国家試験の税理士試験は、大分変わりました。憲法・民法などの法令科目が、重要視され、多肢択一タイプの問題とか、記述式問題(小論文)のような思考力が求められる新しい傾向の問題というのも出されるようになっております。
練習問題により見識を深め基盤をつくった後に、試験対策の全体問題演習へと変えていく、フツーの勉強法でやるのが、税理士試験を受験する際の簿記論の教科については、効果が見られるようであります。
毎度大抵、税理士試験の合格率の割合は、ざっと2〜3%ほど。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間との相互関係を見ると、税理士の試験がいかに狭き門か見てとれるかと存じます。

実際難易度がめちゃくちゃ高い試験となっていますが、1つの科目ごとに都度受験する方法もアリのため、そのため税理士試験は、現在毎年最低5万名以上もの方が受験にチャレンジする、受かりにくい試験となってます。
最初からずっと独学でやり通したい気持ちもわかるけど、日々のスケジュール調整であったり受験勉強の方法などに、少々心配になるなんて場合であったら、税理士試験対策用の通信講座を受けてみるなんていうのも、一つのスタイルかと考えます。
現時点、あるいは近い将来、税理士の資格を得るのに一切独学で試験を受ける受験生対象の、特化した専門サイトです。コンテンツには合格をゲットするための学習方法の秘訣やまた、仕事について、及び業務の魅力などを色々掲載しております。
基本的に科目合格制システムだから、税理士試験に関しましては、会社勤めしている人等も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験生活のスパンが長期にわたるということがよくあります。よって先輩合格者方の行ってきた勉強法を覗いてみることも大切です。
現実的に専門知識が要求される法的な内容なんで、難易度がスゴク高度でありますけれど、根本的に税理士試験に関しては、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度が実施されているので、個々の科目ごと5年の期間を費やして合格を獲得していくやり方も、アリの試験とされています。

常に何でも「法律を基軸とした問題に接することが可能である人」であるかどうであるのかといったことを判別するような、かなり高い難易度の試験になってきていますのが、近年の税理士試験のリアルな現実ではないでしょうか。
法律系の学校を出る必要性も、これまでに一度も実務経験がなくとも税理士の資格を取得することはできますが、その分やはりまるっきり独学という際には、物凄い勉強量をこなすといったことも要必須です。私自身もオール独学で合格を手に入れたため、身にしみています。
日本で実施されている国家資格の中でもほぼトップクラスといえる難易度を誇っている税理士試験に関しましては、全11科目の法律の範囲よりたっぷり問題が出題されるものなので、合格をゲットするためには、1年近くの取り組みが要必須です。
科目ごとの合格率のパーセンテージは、大まかに10%程度と、それぞれの教科とも難易度が高くなっている税理士試験は、科目合格制となっておりますため、仕事しつつ合格を獲得することができる、資格となっております。
スクール代が30万円超え、選択コースにより50万円〜必要な、税理士の資格の通信講座といったのも特別ではありません。それについては契約期間も、一年を越す長期にわたっての通信コースであることが、一般的です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|近ごろは…。 | トップ | 税理士|すべて独学でやるも... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL