税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|税理士試験の合格率は…。

2017-06-18 01:30:01 | 日記

目下皆様が、税理士の試験合格体験談関係を、多々調べてチェックしている要因は、きっと、どういった勉強法やスタイルが己に1番適切であるのか、悩んでいるからではないでしょうか。
経験豊富な講師の方々から直接授業を受けることが出来る専門スクール通学のプラスの面は、魅力なのですが、安定した気持ちを保つことが出来れば、税理士資格取得通信教育で学習を行うことにより、必ずレベルアップが可能になると思います。
勘違いの勉強法で挑んで、労力掛けて寄り道するということほど、意味の無いことはありません。是非ともベストな学習法で短期間で合格を見事果たして、税理士になる夢を叶えましょう。
税理士試験の合格率は、低く1〜2%前後と認識されています。今日び、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』というのが設けられ、その教科過程を卒業することによって、新司法試験を受けられる資格を得ることが出来ます。
もとより独学でやって、合格を勝ち取るのは、できないことではありません。しかし、毎年税理士の試験につきましては10人受けても、たった1人も合格できないめちゃくちゃ厳しい試験でございます。試験に通るためには、確実な勉強スタイル・術を入手することが欠かせません。

法人税法につきましては、法人として事業を行っていくにあたり、絶対に覚えておかなければならない要必須な事柄であります。そうはいえども、覚えなければならないことが相当あるんで、税理士試験の受験科目の内で一番の難関とされています。
2006年度から、税理士試験に関しましては、沢山変わりました。従前と異なる点は法令科目が、重点を置かれるようになって、多肢選択方式の問題やまた、40字程度の記述式の問題というような新タイプの問題といったものも出てきました。
現実従前に法律についての知識を全く持っていないのに、短期集中で税理士試験で合格を獲得する猛者もおります。彼らの多くに同じように見ることが出来る点は、自らに合う「ベストな勉強法」に出会うことができたことです。
現実的に合格率3%前後のハイレベルの、税理士試験合格を目指すには、独学でする試験勉強のみでは、容易に事が運ばないようなケースが多々あって、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して受験に向け勉強をやるのが一般的な対策となっています。
合格率のパーセンテージが平均7%といいますと、税理士の試験の程度はかなり難易度が高度そうですが、絶対評価により到達度点数の6割を超える設問が合えば、合格を勝ち取ることは間違いないといえます。

毎回、税理士試験の合格率の値につきましては、ざっと2〜3%ほど。学習にかける時間数とのバランスを考慮しますと、税理士資格取得試験がどんなに高難易度の試験であるのか頭に思い描けるはず。
現実的に完全独学での税理士資格試験の勉強法を選択する時に、1番壁となる可能性があるのは、勉学に励んでいる中にて不明点が生じた際に、誰にも聞くことが出来ないことです。
基本的に科目合格制度とされる、税理士試験については、同時期に一斉に、5ジャンルの科目を受験することは強制されておらず、1つの科目ごとに受験してもOK。1度合格点を得た科目は、この先税理士になるまで有効とされ失効にはなりません。
資格取得講座が学べる学校もスタイルもともに種々ございます。ということから、複数の税理士を対象にしている講座内で、仕事や家事で忙しいという方でも学業に励むことができる、通信講座を取り扱いしております専門学校の比較をしました。
簡単に言うと実際合格最低点の「足切り点」という受験制度が、税理士試験には設けられています。つまるところ、「一定レベルの点に足りていないなら、不合格です」との数値がはじめに設定されているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|完全独学だけで学ぼ... | トップ | 税理士|法人税法につきまし... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL