税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|当たり前ですが税理士試験の内容というものは…。

2017-06-16 00:00:01 | 日記

実際に難易度がスゴク高い国家資格試験ですが、各々都度受験することも認められておりますので、故に税理士試験は、いつも5万人以上の方たちが受験に挑む、国家試験です。
法人の所得税について定められている法人税法は、法人として事業を行っていくにあたり、絶対に覚えておかなければならない知識といえます。そうはいえども、覚えなければならないことが膨大であるため、受験する人たちの間では税理士試験の最も高い壁となっています。
実際かかる費用が30万以上、さもなくば50万円〜必要な、税理士受験用の通信講座といったのも特別ではありません。高額の講座は期間も、一年を越す長期間の課程であるというのが、よくあるものです。
オール独学で税理士試験合格を目指すならば、ご自分で適切な勉強法を身につける必要がございます。このために、一等最良な取り組み方法は、先達が実施していた勉強法のスタイルをそっくり真似することであります。
毎日の生活の中で時間を有効的に活用し、机に向かうことが出来るので、お勤めや家の用事などと両立しての税理士の難関資格を勝ち取ろうと思い描いている方にとりましては、自分のペースで取り組める通信講座は、非常に役に立ちます。

高難度の「理論暗記」を第一に、税理士試験に向けての質の高い勉強法及び頭脳の開発、速聴・速読力を磨く強化メソッドに関しても徹底究明!それ以外にも暗記方法であるとか、勉強に、貢献する&実践的な各種ツールを当サイトで発信していきます。
実際税理士試験は、全体的に合格率が6%程度という風に言われていて、デスクワーク・事務系資格では、狭き門の資格と言えます。といいましても、全ての問題の内6割以上正しく答えられたならば、必ずや合格が叶います。
合格率に関しましては、税理士受験の難易度状況を示す判断基準の一つでありますが、近年においては、このパーセンテージが間違いなくマイナスになってきていて、受験生たちから注目を集めております。
あらかじめ会計事務所ですとか税理士事務所にて働き、実戦での経験を増やしながら、少しずつ学んでいくというタイプの方は、どちらかといって通信講座(通信教育)がベターと判断します。
実際税理士試験を独学にてパスしようとするのは、非常にハードルが高いわけですが、学習の仕方に変化を持たせるとか、有益な情報をちゃんとコレクトしていくことで、短いスパンで合格することも、可能になります。

今日び、税理士試験の現実的な合格率については、大体2〜3%程度でございます。必須とされる学習期間との相互バランスを見てみますと、税理士の国家試験がいかに難関となってるかイメージすることができるのではないでしょうか。
平成18年度(2006年度)以後、国家試験の税理士試験は、大幅に変更が行われました。例えば法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢択一式の問題をはじめ、40字程度の記述式の問題というような今までなかった流れの問題も出されています。
全部独学での税理士試験の勉強法を選ぶ状況で、殊に支障をきたすのは、勉強中に分からないところが出現した状況で、誰にも聞くことが出来ないことです。
税理士の合格を狙うには、効率的な勉強法で進めるのが、かなり重要な点です。このホームページでは、税理士試験の日程表をはじめとする問題集の選択方法など、受験生に向けて重宝する情報などを載せています。
当たり前ですが税理士試験の内容というものは、一生懸命にやらないと満足のいく成果がみられない、極めて手ごわい試験だと痛切に感じています。言ってしまえば確保できる大事な時間を最大限に活用して学習に励んだ受験生が、合格を実現できる実力勝負の試験とされています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|原則的に税理士試験... | トップ | 税理士|通信講座が学べる予... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL