税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|実際簿記論におきましては…。

2017-06-16 13:40:08 | 日記

無論のこと独学スタイルで、合格を目指すのは、できないことではありません。けれど、税理士に関しては10人受けたとして、合格できた人が1人もいないというめちゃくちゃ厳しい試験でございます。勝利を得るには、早期に正しい勉強の仕方・コツを手に入れることが必要です。
一般的に、税理士試験に一から独学で合格を可能にするというのは、非常に困難であるという真実を先に確かめておきましょう。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%を超えることのない現状によりましても、誰の目にも明らかに推察できることです。
通常5科目合格を叶えるまでに、長きにわたってしまう税理士受験においては、学習を継続することが出来る十分な環境条件が、肝要で、通信教育のコースにつきましては、まさにその要素が関係します。
司法試験と変わらない勉強法ですと、ゼロからの税理士試験のみの専業受験生と比較して、学習量が大量になりやすい傾向です。その上有益な結末とはならず、需給バランスがあまりよくありません。
元々税理士試験は、生半可なものじゃないです。合格者の合格率は、ざっと10%くらいです。だけど、一回きりの試験で臨むのではなくて、5年間くらいかけて合格を志すのなら、そんなにも難しいことではありません。

常に何でも「法律を基軸とした物事を捉えられる人間」であるかどうであるのかといったことを審査されているみたいな、すこぶる難易度が厳しい受験としていわれているのが、今時の税理士試験のリアルな現実ではないでしょうか。
現実、税理士試験については、難易度が高いと言われております、国家資格の一つであります。当ホームページでは、目当てとする税理士試験に合格するために把握しておくべき勉強法等を、自分自身の合格を掴むまでの生の経験を基に書き記します。
門戸が狭いと誰もが知る税理士試験の難易度というのは、大層高めのものになっており、合格率を見ても2パーセント〜3パーセントと、法律系の国家資格の中においても、有数のド級の難関試験なのです。
可能であればリスクを分散、安全な道を選ぶ、用心の上にも用心しようという意味で、税理士試験に臨むにあたり、税理士を対象とする専門の学校に行く方が良いといえますけれど、オール独学を選定したとしても良いのではないでしょうか。
資格取得を目指す上で予備校の税理士向けのレッスンを受講したいんだけど、近隣地域に専門学校ゼロ、仕事が忙しくて残業続き&休みがない、スケジュールがつまっており学校に通う時間などないといった受験生のために、各学校では、手軽な通信講座を開校しております。

毎年毎年、税理士試験における合格率は、たった2〜3%です。勉強に費やす合計時間との双方のバランス加減を見ると、税理士の資格試験がどの程度難関となってるか推測していただけると思います。
実際簿記論におきましては、理解するべき内容は沢山ありますが、ほとんど計算式の問題でつくられているので、税理士になるには他の法律系国家資格よりも一から独学でやっても、理解しやすい分野の試験科目となっております。
DVD講座や、テキストだけでの勉強のやり方に、ちょっと不安を感じますが、事実上通信講座を受けて、税理士の国家資格を取った受験生もとても多いし、完全に独学するよりは、まだマシというように感じています。
合格率3%くらいしかない狭き門とされる、税理士試験に合格するつもりなら、全て独学での受験勉強のみで進めるのは、一筋縄ではいかないことが沢山ありまして、学校に通うかまたは、通信講座を受講して受験勉強を行うのが一般的といえます。
今諸君が、税理士の試験合格体験談を、様々に探し求めて拝見しておられるワケは、きっと、どのような勉強法がご自分にマッチしているのか、思い悩んでいるからでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|通信講座が学べる予... | トップ | 税理士|基本的に税理士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL