最速・最短で社会保険労務士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で社務士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

言ってしまえば合格するには「足切り点」とした厳しい仕組みが…。

2017-07-31 06:40:01 | 日記

1教科ごとの合格率に着目しますと、大概10%強というように、全ての教科ともに難易度が高めの社会保険労務士試験は、科目合格制度が採用されているので、働きつつ合格することも決して不可能でない、資格なのです。
社会保険労務士の通信講座内で、ナンバーワンにイチオシなのは、LEC(東京リーガルマインド)といわれています。採用しているテキストブックは、社会保険労務士資格取得を目指す受験生の中で、非常に使い勝手の良いテキスト書だと注目されています。
言ってしまえば合格するには「足切り点」とした厳しい仕組みが、社会保険労務士試験におきましてはございます。要するに、「規準点を超えなければ、通過できずに不合格となりますよ」というような点があらかじめあるのです。
国家資格取得試験の社会保険労務士試験の合格率については、10%強と、超難関と知られている割には、別の国家資格と比べて高い合格率となっています。だけど、一発勝負で合格を可能にするのは、ほとんど0%というのが現実のようです。
今日は社会保険労務士試験の対応策用の、コンテンツ・サイトや、現役のプロの社会保険労務士が、受験生に宛ててメールマガジン等を出していて、情報力やまた勉強への意欲を長期間保ち続けていくためにも有効なものといえます。

実際に法律を専門に学ぶ法科大学院卒業者であっても、不合格の結果となることがあるくらいなので、ツボを得た成果が期待できる勉強法を考慮し立ち向かわなければ、社会保険労務士資格取得試験に合格するのは難しいでしょう。
現実全科目での標準の合格率については、大体10〜12%位で、他の難関とされる資格よりも、合格率が高いように見えてしまいますが、それについては各教科の合格率でして、社会保険労務士試験オールでの合格率というものではないです。
確かに社会保険労務士試験については、中途半端な取り組みであったら合格へつながらない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。即ち少しでも使える時間があったら手際よく活用して学習に取り組んだ人が合格を得られる結果となるのです。
大概の方たちは、よく知られた通信教育の会社だからとかの、無根拠の漠然とした理由をもって、通信教育(通信講座)をチョイスしがちでしょう。しかし、そのような決め方で決して社会保険労務士に、合格することは出来ないと思われます。
何から何まで盛り込んである学習書にさえ記載されていない、高度な知識が必須の問題については、即座に諦める事をおすすめします。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度が高めの社会保険労務士試験で合格を得るためには、重要とされます。

学習のための時間が毎日不足なくとれるといった人なら、基本の勉強法でやれば、社会保険労務士試験をパスすることも有り得ますが、常時お仕事等日常生活で暇が無い人に対しては、ベストな取組方法ではないでしょう。
一般的に従来から、全くの法律知識ゼロから取り組んで、社会保険労務士試験合格に要される合計の勉強時間は、少なくとも「3000時間位」とされています。調べてみても、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、3000時間超とされています。
将来社会保険労務士資格をゲットする為に試験学習をし始めるといった方は、「社会保険労務士試験に対しては、どれ程の勉強時間をとったならば合格することが可能であるの?」といったことは、大いに気になる所だと思われます。
合格率の数字が約7%と言われますと、社会保険労務士の試験の程度はめちゃくちゃ難易度が高そうにみえるものですけど、絶対評価によって定められた基準の全体の60%以上の問題に正解することができれば、合格をゲットすることは間違いないといえます。
毎回合格率がたった3%の茨の道の、社会保険労務士試験で合格を狙うには、全部独学でやる学習だけで挑戦するというのは、大変なケースが色々あり、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して受験勉強をするというのが大半でしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本的に社会保険労務士試験... | トップ | ここのHPでは…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL