最速・最短で社会保険労務士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で社務士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際に会計事務所であったり社会保険労務士事務所・司法書士事務所などでの現場において実地経験を積んで実力をつけながら…。

2017-05-18 14:40:02 | 日記

税金について定められている消費税法は、社会保険労務士試験の受験科目の中では、そんなには難易度は高めではあらず、簿記の知識を土台からしっかり持っておけば、割りに困難とせず、合格点を満たすことが実現できるはずです。
合格を実現することが出来なかった折の、学習量・時間のリスク面を見ると、社会保険労務士試験につきましては学校が開催している通信講座、でなければ直接の通学講座を活用すると言ったのが、間違いなく無難と考えます。
この先司法書士資格をゲットする為に試験学習をスタートする方たちにとっては、「司法書士試験に関しては、どれぐらいの勉強時間をキープしたら合格をゲットできるのか?」ということが、当然知っておきたい点ではないでしょうか。
近ごろ司法書士の通信講座の中におきまして、ナンバーワンにお薦めしたいのは、LEC(Legal Education Center) でございます。講座で使用するテキストセットについては、司法書士の資格をとろうと志している受験生の中で、著しく有用である教本として定評を得ております。
以前は合格率の割合が10%台にて安定していた社会保険労務士試験も、最近は、1割に届かない数値で滞っています。当然合格率が一桁といえば、難易度レベル高の国家資格の代表として、認知されることになります。

完全に独学にて勉学に励むほどの、心の強さはありませんが、己の進度で学んでいきたいというような受験者に対しては、あえて言うなら司法書士専門の通信講座を選択した方が、最適な勉強法といえます。
実際に会計事務所であったり社会保険労務士事務所・司法書士事務所などでの現場において実地経験を積んで実力をつけながら、マイペースで学習をしていくとした方は、どちらかといえば通信講座の方が適切だと言えます。
現実的に全必須科目の平均での合格率は、10%から12%前後で、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が若干高いように思えますが、それは科目毎の合格率の割合であり、社会保険労務士試験オールでの合格率というものではないです。
通信講座を受講する折には、司法書士であっても社会保険労務士であろうと、どちらとも住まいまで教材関係全部を送って頂けるため、あなた自身のお好みのスケジュールにて、学習するとしたことが可能であります。
日本の国家資格のうちでも上位に入っている位の難易度が高い司法書士試験の中身は、11科目の法律の内からたっぷり問題が出題されるものなので、合格しようとしているならば、長きにわたる十分な試験勉強が大事です。

日商簿記検定で1級または2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格を得たというツワモノであるならば、社会保険労務士試験の必須教科の簿記論、財務諸表論のこの2分野に関しましては、ある程度慣れているから独学で合格を可能にするのも、なしえないわけではないでしょう。
暮らしに役立つ法律家として、社会に貢献できる司法書士の受験をする際は、条件・経歴は関係ありません。どんな人でもトライできますので、いくつもある通信教育の資格講座の中でも、老若男女問わず支持されている法律系資格となっています。
頑張って資格を取得し、これから「自分のみのチカラで新しい道を開く」としたような熱い想いがある人ならば、どんだけ社会保険労務士の難易度の加減が超高いものでも、そのハードルもきっとクリアできるでしょう。
実際に合格率3%程度の難易度の高い、司法書士試験にて合格をするためには、独学で取り組む試験勉強だけでは、大変なケースが沢山ありまして、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して受験勉強をするというのが大半でしょう。
関門であるといわれております税法の科目「理論暗記」を主として、社会保険労務士試験のお勧めの勉強法、なおかつ脳力開発、速聴や速読の能力トレーニングなどについても徹底的に追求!その他にも上手い暗記のコツとか、勉強に取り組む上で、役立つアイテムなどをこちらで色々ご紹介します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 科目合格制をとっている…。 | トップ | 法律学部を卒業していなくと... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL