最速・最短で社会保険労務士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で社務士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

前から…。

2017-05-13 09:30:01 | 日記

基本的に社会保険労務士試験を独学にてパスすることは、超困難ですけれど、勉強のやり方を能率的にするとか、様々な情報をキッチリ揃えることで、短いスケジュールで合格を狙うのも、決してありえないことではないです。
学校で法律を学んでいなくっても、実務の経験がなくっても社会保険労務士の資格を取得することはできますが、だからこそゼロから独学で進める方は、相当な学習量も絶対に欠かせません。自身も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、身にしみています。
2006年度(平成18年)から、国家試験の社会保険労務士試験は、大幅に改正が実施されました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、主要となり、選択制のマークシート式の、記述方式問題みたいな暗記だけでは解けない問題なんかもお目見えしました。
社会保険労務士の資格試験制度の改変と同時に、昔からよく見られた時の運の賭け事的要素が排除され、正しく技能の有無を審判される国家試験へと、昨今の社会保険労務士試験は改められたのです。
現実的にレッスンを受講できるスクール及び詳細内容等もまさに色々。ここでは、多々の社会保険労務士を対象にしている講座内で、社会人で忙しい受験者でも勉強が行える、通信講座を設けている予備校を比較検討しました。

簡単に述べますと第一段階合格最低点の「足切り点」といいます注意すべき制度が、社会保険労務士試験にあり大きな特徴です。言い換えれば、「一定ラインの点数に不足しているならば、不合格の判定になります」なんていう数字が用意されているのです。
科目合格制が設けられております、社会保険労務士試験の資格取得は、同時期に一斉に、5科目全てを受験することは義務付けられていなくて、各科目毎にチャレンジしても良いということになっています。先に合格をゲットした科目は、社会保険労務士資格を獲得できるまで有効とされ失効にはなりません。
前から、法律知識無しのステージから取り組み出し、社会保険労務士試験合格に絶対に要る勉学に対しての累計時間は、おおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。事実、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
税務上の個別論点の範囲に取り掛かり始めたならば、関係性がある例題に出来る限り積極的に取り組んで、確実に問題に慣れ親しんでおくとの勉強法を新しく取り入れることも、社会保険労務士試験での簿記論試験対策においては殊に効力がございます。
どんな種類のテキストでマスターするのかというのではなく、どんな能率的な勉強法で取り掛かるかということの方が、断然社会保険労務士試験でパスするためには重要だと言えます

社会保険労務士試験を受験する場合には、実際記述式の問題だけしか存在せずといったように、判断して問題ないです。なぜならば、口頭での試験は、余程マズイことをしない限り不合格とはなり得ない容易な試験のためであります。
当然ながら一から独学で、合格を勝ち取るのは、やってやれないことではないです。とは言っても、事実社会保険労務士の資格取得試験は10人受験して、1名も受からないこともある高い壁の法律系国家試験です。それを乗り越えるには、早期に正しい勉強の仕方・コツを身につけなければならないでしょう。
実際に全資格試験科目の平均での合格率は、約10〜12%であって、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が高めにとられがちですが、これについては各々の試験科目の合格率であって、社会保険労務士試験それ自体の合格率ではありませんから、覚えておいてください。
仕事に従事しつつも、社会保険労務士を目指す人も中にはいるようなので、いかに自分のやるべきこと・やれることを限られた時間の中で毎日コツコツ積み重ねやっていくということが、社会保険労務士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。
普通大半の方は、名高い会社だし絶対バッチリとした、何一つ手がかりもないアバウトな理由を掲げて、、また口コミなどを確認しないで通信教育を選びがち。ですが、そうしたことで高レベルの社会保険労務士に、合格出来るはずはないでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実的に法科大学院を卒業さ... | トップ | 社会保険労務士試験の簿記論... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL