最速・最短で社会保険労務士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で社務士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

地域に密着した『くらしの法専家』として…。

2017-05-19 10:00:01 | 日記

毎年合格率が約2・3%の高難易度の、社会保険労務士試験において合格を獲得するには、全部独学でやる勉強だけだと、スムーズに行かないことが色々あり、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して試験勉強するのが一般的といえます。
日商簿記検定で1級または2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格をゲットされた受験生ならば、社会保険労務士試験にて簿記論やまた財務諸表論の2教科に関しては、完全に独学にて合格を獲得するといったのも、困難なことではないのではないでしょうか。
経験豊富な講師の方々と直に触れ合うことが可能な学校へ通うメリット部分に関しては、魅力あることですが、前向きなやる気さえキープし続けることができましたら、社会保険労務士専用の通信教育で学ぶことで、確実に力をつけていくことが出来るはず。
長期間にわたる社会保険労務士試験勉強は、集中力を保持し続けることが出来なかったり、常にモチベーションをキープすることが困難だったりなどのBADな要素も実感しましたけれども、全般的に通信講座を受けて、満足できたと心底思います。
輪にかけて難しいと言われている社会保険労務士試験の難易度の水準は、まことに高めで、合格率の数値も僅か3%くらいと、法律関係の国家資格の中におきましても、トップクラスの超難関試験といえます。

世の中的に社会保険労務士においては、法律系資格試験の門戸の狭い入口ながらも、男女問わず・世代関係ナシで大人気となっているわけですが、合格・資格取得後には、スグに個人事務所等を立上げて、はじめから独立・開業の道も実現できる唯一の法律系専門試験なんです。
実際に社会保険労務士試験では、1科目ごとでわずか2時間しか試験時間がないものです。受験者はその中で、合格可能な点数を得なければならないため、当たり前ながらスピード&正確さは必要であります。
これから資格試験に向けて試験の勉強に取り組む方にとっては、「社会保険労務士試験では、どれほどの学習時間をキープしたら合格できるのか?」といったことは、気になる点だと思います。
一般的に5分野の科目合格にまで、数年を必要とする社会保険労務士資格取得試験では、常に勉強をやり続けられる十分な環境条件が、合格への大きな鍵となり、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、特別その点が言えると思われます。
通信教育(通信講座)だと、社会保険労務士試験に集中した対策を万全にした、特化した教材が存在しますから、オール独学より学習の仕方が身につけやすく、勉強が効率よくできるはずです。

一般的に社会保険労務士試験を独学にてパスしようとするのは、難易度が高いですが、勉強法に手を加えたり、多くの情報をいろいろとチェックすることで、短いスケジュールで試験合格を果たすのも、出来てしまうのです。
国家資格の中においても最高の難易度として名高い社会保険労務士試験の内容は、全11科目の法律の範囲よりいろんな難題が出題されますから、合格するまでには、長きにわたる学習量が必要になってきます。
従来より、法律の知識ゼロより取り組み出し、社会保険労務士試験合格に必要とされております総勉強時間は、「3000時間ほど」とされております。現実確かに、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間程度とのこと。
ユーキャンが提供している社会保険労務士対象の教育講座は、毎年大体2万人以上より受講の申込が集まり、何にも知識無しの未経験者でも、コツコツ粘り強く資格取得できる能力をゼロの状態から身に付けることができる、高品質の通信講座となっています。
地域に密着した『くらしの法専家』として、社会に貢献できる社会保険労務士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は必要とされておりません。どんな人でもチャレンジすることが可能なため、通信教育を提供している各会社でも、性別は関係なしに幅広い層の方達から高い人気があるランキング上位の資格であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際とても難しいというよう... | トップ | 実際通信教育ですと…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL