最速・最短で社会保険労務士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で社務士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

社会保険労務士試験というのは…。

2017-06-09 16:10:01 | 日記

世間一般的に社会保険労務士試験は、合格率の割合が6%前後とした結果が示されており、事務系国家資格のジャンルでは、競争率の高い難関資格に入っています。といいましても、全体的に問題の約6割正解すると、必ず合格圏内に入ります。
現在数多くの方々が、社会保険労務士の受験・合格体験記録などを、沢山ネットなどで検索してチェックしている要因は、ほぼ、どんな勉強法・進め方がご自分にフィットするのか、迷いがあるからではないでしょうか。
もとより社会保険労務士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、めちゃくちゃハイレベルなことであるわけですが、前向きに頑張りたいと思われている方は、第一に簿記論や財務諸表論をはじめとする会計科目の習得から挑むようにしましょう。
ここのHPでは、社会保険労務士の受験対策の通信教育を、間違いなくチョイスすることができますように、客観的な見方により評定できるデータを様々揃えております。それを参考に自分自身でベストなものを選んで下さい。
ずっと前より、法律の知識無しの状況から着手して、社会保険労務士試験合格に要される受験勉強時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。実際に初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、3000時間超とされています。

近年合格率が7%位と、社会保険労務士試験は非常にハードな難易度の試験の一つです。ただし、過度に恐れなくてもよいのです。一生懸命頑張れば、どんな人でも卒なく合格は切り開けます!
現実的に社会保険労務士の業務に関わる街の法律の相談請負人として、活躍の期待が寄せられている社会保険労務士の身分は、社会的ステータスが高い職業資格です。比例して、試験の難易度のレベルに関しても物凄く難関です。
網羅的な専門書にすらピックアップされていない、知識が要求される問題などは、キッパリとばしましょう。割り切る姿勢も、難易度がめちゃくちゃ高い社会保険労務士試験にて合格を勝ち取るためには、欠かせないことなのです。
高度な知識や経験を必要とする法律関係の内容で、難易度がかなり厳しいものですが、そもそも社会保険労務士試験では、科目ごとの合格システムがあるため、それぞれ5年の期間を費やして合格を積み重ねていっても、OKな試験でございます。
社会保険労務士試験というのは、本音で言えば記述式の筆記試験だけしか無いものだと、考えていいです。なぜならば、直接の口述試験は、9割の確率で落ちるはずがない試験内容だからです。

あの法科大学院の修了者であれど、不合格判定になることが無いわけはないので、本質を突いた質の高い勉強法を理解した上で全身全霊で頑張るようにしないと、社会保険労務士試験合格を実現するということは手ごわいでしょう。
一般的に、社会保険労務士の資格をとる際は、全て独学で合格を獲得しようとする人が少ない状況であり、全くもってほかの法律系試験と照らし合わせると、市販のテキストブックも全くと言っていいほど、本屋さんに売っていません。
現に学費が最低30万円を越す、あるいは50万円以上の金額の、社会保険労務士向けの通信講座といったのも特別ではありません。そうして受講期間についても、1〜2年の長期の教育コースになっていることが、一般的です。
すべて独学でやっているけど、試験までの日程管理及び勉強の方法についてなどに、ちょっぴり不安を感じてしまう等々の際は、社会保険労務士試験用の通信講座を受講してみるのも、1つの進め方なんではないかと思っています。
社会保険労務士の代わりになる「暮らしの法律屋」として、いろんな法律トラブルでサポートの役割を担う社会保険労務士を受験する際、前提条件や資格は必要とされておりません。誰であっても臨むことができますから、沢山ある通信教育の中におきましても、性別は関係なしに幅広い層の方達から関心が向けられている国家資格であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経理実務の個別論点に取り掛... | トップ | 事実法科大学院を修了した方... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL