最速・最短で社会保険労務士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で社務士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

サラリーマンをしながら…。

2017-04-25 21:40:01 | 日記

簡単に言うなら「足切り点」(定められた基準点)という怖いシステムが、社会保険労務士試験にあり大きな特徴です。これはつまり、「必須点数に足りていないなら、不合格判定になります」との数値がございます。
実際に難易度がスゴク高い資格試験になっておりますけど、個々の科目ごと何年かにわたって受験するといったこともできることによって、それにより社会保険労務士試験は、いつも5万人以上の方たちが受験にチャレンジする、ライバルが多い試験になっています。
通常社会保険労務士試験は、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の条件は取り決められておりませんので、どなたであろうとも受験してもオッケーとなっています。そのため法律に関係する知識ゼロの未経験者であっても、十分な受験勉強を実行することで、合格することも可能です!
実のところ、全般的に社会保険労務士を目指すといった際については、専門スクールに通わずに独学で合格実現を目指す人が少数派といったこともあり、これ以外の国家試験より、市販のテキストブックもそれ程、出版されていません。
いざ専門学校の社会保険労務士に特化した授業を受けたいのだけど、近いエリアに予備校がどこにもない、仕事に追われている、学校に足を運ぶ時間が全くないなんて方を対象に、個々の学校では、通信講座制度を提供しています。

会社に属しながら勉強を両立して、結局3回試験を受けて社会保険労務士合格を獲得しました、自らの実際の体験を顧みても、今はちょっと前より難易度については、とっても上昇してきているといえます。
サラリーマンをしながら、社会保険労務士になることを目標としているなんて方もおられるかと思いますから、あなた自身の行えることを日々コツコツ積み重ねやっていくということが、社会保険労務士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。
実際従前から、法律の知識ゼロより開始して、社会保険労務士試験合格に要される受験勉強時間は、「3000時間前後」と言われております。実際のところ、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間程度とのこと。
実際のところDVDでの映像教材とか、本を見ての自宅学習の進行方法に、ちょっぴり不安を持っていますけれど、事実上通信講座を受けて、社会保険労務士試験に合格した合格者も沢山おりますし、よって1人独学で頑張るよりは、いいはずであると信じています。
繰り返し演習問題で理解度をアップし基礎作りをした後、実用に基く応用問題にシフトする、模範的な勉強法を実行するのが、社会保険労務士試験での必須科目である簿記論の為には、実に役に立つようです。

国家資格の中においても、より難易度が高い社会保険労務士とされておりますが、他よりも合格へ行き着くまでの道がキツイからこそ、いよいよ資格を取得した以後はニーズの高さや給料、そして高い階級の立場をゲットできるといったことも確かです。
当然、社会保険労務士試験にトライするという際におきましては、全力を注がないようだといい結果が出ない、難しい試験だと心底思います。つまるところ費やすことができる貴重な時間をなるべく合理的に使い勉強をコツコツ続けた方が、結果合格につながる試験なのです。
昔は社会保険労務士試験に関しましては、割合とりやすい資格であると認識されてきたわけですが、昨今は思い切り難関資格になっていて、全力で取り組まないとなかなか合格することが難しい資格でございます。
実際社会保険労務士試験は、試験の合格率が大体6%と言われていますので、デスクワーク・事務系資格では、狭き門の資格に入ります。とは言っても、試験の全問題のうち6割正解したら、間違いなく合格するのです。
現実的に科目合格制という制度なので、社会保険労務士試験については、多忙な社会人受験者も受験しやすいのだけれども、ところが受験に費やす時間がずっと続くことが一般的です。ですから、先輩たちの勉強法というのを覗いてみることも大切です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際日商簿記1・2級を最初か... | トップ | 試験を受ける前に会計事務所... »

日記」カテゴリの最新記事