最速・最短で社会保険労務士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で社務士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

仕事を継続しながらその合間に勉強を重ねて…。

2017-07-17 05:50:02 | 日記

専門スキルの高い法律系の内容であるので、難易度がスゴク高度でありますけれど、基本社会保険労務士試験においては、社会人も受験しやすいように科目合格制度の採用を行っているため、一つの教科毎に一年に一度5年かけて合格するスタイルでも、大丈夫な試験なのでございます。
無論社会保険労務士試験を自分の力で独学にて臨むといったことは、すっごく高難度なことであるのですが、トライしてみたいと望んでいる人は、ひとまず必須とされる会計科目の学習から入ることを推奨します。
受験制度の作り変えにおいて、これまであった努力よりも運に関係する賭博的な因子が全てなくなって、現実に実力を持っているのかということを判別される試験に、今の社会保険労務士試験は大きく生まれ変わったんです。
一言で言うと「足切り点」(定められた基準点)という厳しい仕組みが、社会保険労務士試験には存在しております。すなわち、「範囲内の点数に達していないとしたときは、通過できずに不合格となりますよ」というような点が最初に設けられているわけです。
法人税の個別の検討論点に着手したら、基本関連性がある演習問題にめいっぱい臨むようにして、問題ないようにも慣れておくといったスタイルの勉強法を新たに盛り込むというのも、社会保険労務士試験における簿記論受験対策には殊に効力がございます。

何から何まで盛り込んであるテキストでさえも確認することの出来ない、学識が必要とされる問題につきましては、スッキリと諦めるようにしよう。やはり踏ん切りをつけることも、難易度レベルが高い社会保険労務士試験におきましては、重要な点なのであります。
実際に社会保険労務士試験の勉強をやる上におきましては、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションを持ち続けることが難しかったりといった欠点も味わいましたが、総合的に見たら通信講座を選んで、資格を取得することが実現できたという結論が出ています。
正直DVDでの映像授業ですとか、テキストだけでの勉強アプローチに、心なし不安を感じますが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、社会保険労務士の国家資格を取った先輩方も多くいらっしゃるし、それ故独学スタイルよりは、マシではないかと思うのです。
現実、社会保険労務士資格をとろうとするケースにおいては、たった一人の力で独学にて合格を勝ち取ろうとする方が少数ということが影響して、別の資格試験と比較して、使える市販教材も全くと言っていいほど、販売されてません。
こちらのHPサイトでは、社会保険労務士を対象とする通信教育を、確実に選定することができるように、ニュートラルな見方で判断可能な多種多様な材料を随時発信していきます。それらを基に、後は自分の意志で取捨選択してください。

全部の教科の合格率の平均値は、大体10〜12%位で、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が高くなっているように捉えやすいですけど、これに関しては教科毎の合格率の平均値であって、社会保険労務士試験全部の合格率というものではないです。
通常例題で基礎的な学習能力を養い地ならしを行った上で、実践的&総括的な問題へとチェンジする、確立された勉強法をやっていくのが、社会保険労務士試験の内におけます簿記論を極めるには、効果が高いようでございます。
仕事を継続しながらその合間に勉強を重ねて、3回目の正直で挑んだ試験で社会保険労務士資格試験に合格することができました、当方の受験を思い返しても、最近の難易度に関しましては、大分難しくなってきているという印象があります。
原則的に社会保険労務士試験は、生易しい試験ではございません。合格率で言えば、僅か1割前後。されど、一度の試験ではなしに、何年かにわたって合格を狙うのであれば、それ程困難なことではないと思います。
仮に日商簿記検定試験1・2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格をゲットされた受験生ならば、社会保険労務士試験にて簿記論とか財務諸表論の2つの教科のみは、ともに独学で合格を獲得するといったのも、難易度が高いわけではないでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お仕事をやりつつ資格をとる... | トップ | 基本的に…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL