最速・最短で社会保険労務士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で社務士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

受講料が30万円以上かかる…。

2017-07-15 03:30:01 | 日記

無論社会保険労務士試験をオール独学で貫くというのは、すごぶる厳しいことでありますけれども、それでも取り組みたいと考えておられる人は、一番に簿記論や財務諸表論をはじめとする会計科目の習得から着手するといいのでは。
近い将来社会保険労務士の勉強に取り掛かるという人にとっては、「社会保険労務士試験においては、いくらくらいの学習時間を保ったら合格可能なのか?」等が、気になる点だと思います。
そもそも社会保険労務士試験とは、やさしい試験とはいえません。合格者の合格率は、僅か1割前後。ただし、一回に限った試験で挑むのではなく、数年かけて合格を狙うのであれば、特段難度が高いものではないと思われます。
受講料が30万円以上かかる、選択コースにより合計50万円以上する、社会保険労務士の資格の通信講座といったものもよく見られます。この場合講座を受講する期間も、1年以上続く長い期間のコースとなっている場合が、結構普通です。
資格取得を目指す上で予備校の社会保険労務士講座を受講したいけれども、すぐ近くにはスクール無し、毎日仕事が忙しくて手一杯、家の用事などで学校に行く時間がないなんて方を対象に、個々の学校では、好きな時間に勉強すればよい通信講座を設けています。

結論から言うなら、実際独学で取り組んだとしても、ちゃんと、社会保険労務士のすべき役目について習得できるんであれば、資格を取得することは難しいことではありません。しかし、それを現実にするには大変、長い学習時間を保持するということが欠かせません。
実際に社会保険労務士の代理の頼れる街の法律家として、期待が寄せられる社会保険労務士に関しては、社会的に地位の高いとされる資格です。当然、それだけ試験の難易度の状況も超高めであります。
合格率に関しましては、社会保険労務士国家資格試験の難易度のレベルをチェックする顕著なモノサシの一つなのですが、今日、この値がかなり低くなりつつあり、受験生が注目しています。
一般的に通信で講座が学べる資格スクールも手段につきましても色んなものがあります。そのため、多々の社会保険労務士専門講座の中から、なかなか勉強時間を確保できない方であっても学習することが出来ます、通信講座を取り扱いしておりますスクールをピックアップし比較しました。
ベテラン講師達とダイレクトに接触することが可能である学校へ行く良い点については、大変魅力がありますけれど、集中力さえキープし続けることができましたら、社会保険労務士資格の通信教育で勉強をすることによって、ちゃんと力をつけていくことが可能になると思います。

基本的に社会保険労務士試験につきましては、各科目たった120分しか受験時間が設けられておりません。決められたタイムリミット内で、それ相応の合格点を獲得しないといけないため、当然ながら迅速さは必須条件です。
合格できず落ちたときの、学習量・時間のリスク面を見ると、社会保険労務士資格の取得試験に関しては専門予備校の通信講座、また学校での通学講座コースをセレクトするのが、1番といえます。
勤務しながら、社会保険労務士になることを志している人も数多くいると存じますため、自らの進められることを日常的に着々とやっていくということが、社会保険労務士試験の合格を可能にする最も近いルートなのかもしれないです。
昔から毎年、大よそ2万・3万人が試験を受け、ほんの600人〜多くて900人少々しか、合格できないのです。この点に着目しましても、社会保険労務士試験難易度が超高いというのが認識できます。
他と比較してリーズナブルな受講料金や問題が出題される範囲を絞って、勉強量を削った講座計画、クオリティの高い教本セットなどが人気である通信教育の「フォーサイト」。社会保険労務士向けの通信講座ならばコレ、等と口々に言われているくらい、人気が高いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベテラン講師達にその場で見... | トップ | 税務分野の個別論点の問題に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL