最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

世間一般的に行政書士試験は…。

2017-05-14 11:40:01 | 日記

独学スタイルでの行政書士を目指す勉強法をセレクトするケースで、1番障害となることは、勉強途中に疑問となる部分があらわれた状況で、誰にも聞くことが出来ないことです。
経理実務の個別論点をしだしたら、相関がある事例や演習問題になるだけ取り組んで、とにかく問題に手慣れておくような勉強法を取り込むのも、行政書士試験においての簿記論対策につきましては殊に効力がございます。
弁護士の役を担う街の法専家としまして、盛んな活動が望まれます行政書士については、威信を伴うといわれている資格であります。それだけに、試験の難易度の状況もとっても高度です。
学校で法律を学んでいなくっても、同時に現場経験が全く無い場合でも行政書士の資格はとれますがけれどもそれだけ完全に独学であるケースは、勉強時間も確実に要求されます。まさに私も独学で行って合格を可能にしたから、身をもって思います。
中でも9月初旬から、翌年度の行政書士試験に挑むために準備をやり出すなんて方々も、いっぱいいらっしゃるでしょう。1年前後長い間やり通す受験勉強では、自分に最も合う勉強法で取り組む努力も重要です。

実際行政書士試験に関しては、行政書士の地位で仕事にするために求められる学問の理解と、それに対しての実力や才能が存在するのかしないのかを、審査することを大きな目的として、一年に1回行っている日本でトップクラスの国家試験です。
毎年行政書士の合格率は、1〜2%位と公表されています。今日び、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』といったものが設けられて、その過程を済ませれば、新司法試験を受験する資格が授けられます。
実際毎年、2、3万人辺りが受験を行い、そこから600人〜900人少々しか、合格を実現することができません。この点を見れば、行政書士試験難易度が超高いというのが想像することが出来るでしょう。
通常行政書士試験の独学での合格は、難関ではありますが、勉強法を変えてみたり、有益な情報をちゃんとチェックすることで、わずかな時間で試験合格を果たすのも、可能といえるでしょう。
今の行政書士につきましては、物凄く難易度レベルが高い試験で、いずれの通信教育を選ぶかによって、合格不合格の判定が決まってきてしまいます。けれども、様々に同じような会社が存在していて、どちらをセレクトすると最善であるのか、皆さん迷われるようです。

世間一般的に行政書士試験は、受験者の合格率が6%ぐらいという統計が出ており、事務職系の資格の中においては、難関といわれている資格だと言えます。けれども実際のところ、全体的に問題の60%正答であったなら、合格することが出来ます。
実際従前から、法律知識がゼロの段階からやり始めて、行政書士試験合格に必要とされております勉強の総時間は、大体「3000時間強」と周知されています。調べてみても、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、平均的に3000時間となっております。
かいつまんで言えば「足切り点」(ボーダーライン)というような基準点制度が、行政書士試験にはあるんです。つまりは、「必要な点数に達していないとしたときは、不合格の判定になります」とされます境界の点数が存在しているのです。
合格率の割合がおおよそ7%というと、行政書士の資格試験としては超難易度が高度そうですが、絶対評価によって定められた基準の6割以上の問題に正解できたら、合格を獲得することは絶対でしょう。
通学講座+通信講座の2つのコースを順番に受けられる、資格取得専門の有名どころ「資格の大原」については、優れたテキストブックと、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、昔からずっと行政書士合格者数の50%以上を出すといった高実績を誇っております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もし日商簿記検定試験1〜2級... | トップ | いざ専門学校の行政書士を対... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL