最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

1教科ずつの合格率の割合は…。

2017-05-20 17:50:01 | 日記

実際行政書士試験は、全体の合格率が6%あたりとされていて、事務職系の資格の中においては、難関といわれている資格とされています。されど、全試験問題の中で約6割正解すると、合格することが出来ます。
実際日商簿記1・2級を独学の学習で、合格をゲットされた受験生ならば、行政書士試験の必須科目の簿記論かつ財務諸表論の2つの科目に対しては、同じく完全独学で試験に合格するのも、不可能なことではないのではないでしょうか。
一般的に簿記論は、把握しないといけない内容量は仰山ありますが、ほぼ全部計算を必要とする問題にて構成がなされているため、行政書士を目指すには他の国家資格よりも、比較的独学であろうと、勉強を行いやすい教科内容といえます。
簡潔に言うと行政書士試験とは、行政書士を生業にするために不可欠な専門知識とともに、そのことの応用能力を有するか否かを、チェックすることを基本目的として、執行する高いレベルを求められる国家試験です。
行政書士試験の試験勉強を行う過程においては、集中力が長く続かなかったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが難しかったりといった不利な点も見られたわけでありますが、総合的に見たら通信講座をし続けて、合格への道が切り開けたというように思っております。

実際授業を受けられます専門スクールも勉強の方法も色んなものがあります。そのため、数多くある行政書士の講義コースの中から、多忙な方であっても効率よく学べる、通信講座を開催している専門スクールを色々リサーチしました。
一般的に毎年、2・3万名位が試験に挑み、たった600〜900名ぐらいだけしか、合格をゲットできません。この状況をとり上げましても、行政書士試験の難易度レベルが高度であることが想像することが出来るでしょう。
平たく言うと合格するには「足切り点」とした怖いシステムが、行政書士試験には設けられています。つまるところ、「範囲内の点数に不足しているならば、不合格扱いになる」という水準点があるんです。
あらかじめ法律関係の知識がないのに、短期間の勉強期間にて行政書士試験に合格されるような人達も存在しております。彼らの多くに見受けられる共通部分は、自分自身に相応しい「実践的な勉強法」を取捨選択するということが出来た点であります。
昨今の行政書士試験においては、実質的には筆記試験(記述式問題)だけしか存在しないという風に、思っていていいですよ。と言うのも、面接官との口述試験は、ほとんどの方がまず落ちることは無いような容易な試験だからでございます。

1教科ずつの合格率の割合は、大よそ10%そこそこと、各々の教科とも難易度が高くなっている行政書士試験は、科目ごとの合格システムをとっているんで、日中も働きながら合格を目指せる、資格です。
国家資格取得試験の行政書士試験の合格率につきましては、10%前後と、難易度レベルが高めと知られているにしては、合格率が高いものとなっています。されど、たった一度きりで合格を手にするのは、極めて困難で望みが薄いと昔から言われているようです。
そもそも行政書士資格につきましては、完全に独学で合格を勝ち取ろうとする方が少数ということが影響して、その他の資格試験と比較して、市販のテキストの種類もあんまり、販売されてません。
基本的に行政書士試験につきましては、難易度が高いと言われております、国家資格として挙げられます。こちらのページでは、将来行政書士試験に必ず合格するために知っておきたい勉強法などを、私自身の合格出来るまでの体験記を基とし記載します。
現実、直に専門学校で教育を受けている受験生の方たちと、言うほど差異が無い学習ができるようになっております。このことを可能にするツールが、今日び行政書士専門の通信講座のオーソドックスな教材と言われておりますDVD教材です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本的に行政書士資格の試験... | トップ | 従来より毎年…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL