最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現実従前に法律の知識を全く持っていないのに…。

2017-06-02 08:30:02 | 日記

近年合格率が7%位と、行政書士試験は高い難易度を誇る試験とされております。ただし、過剰に恐れなくても良いです。効率的に勉強をしていくことで、学歴・経験など関係なく誰でもしっかりと合格は得られるはず!
一般的に弁護士のピンチヒッターにもなれる暮らしの法律家として、法律問題で困っている人をお手伝いすることを担う行政書士の立ち居地は、社会の中で地位の高い法律系資格であります。よって、それだけに試験の難易度についても物凄く難しいです。
科目合格制となっております、行政書士試験の資格の取得は、同時期に一斉に、5科目全てを受験することは必須ではなく、それぞれの科目ごと1件ずつ受験を行ってもいいんです。合格を果たした科目につきましては、行政書士資格を得るまで有効なのです。
毎年全教科の合格者の合格率の平均は、10%から12%前後で、他の難関国家資格よりも、合格率が上であるように思ってしまうかもしれませんが、それに関しましては科目別の合格率でして、行政書士試験トータルでの合格率では、決してないのです。
一昔前までは行政書士試験に関しては、相対的に取得することが可能な資格なんていうように言われておりましたが、近ごろは大層ハイレベルになっており、全力で取り組まないとなかなか合格することが困難であるという資格の一つになります。

現実従前に法律の知識を全く持っていないのに、短期の間で見事行政書士試験に合格した先達も存在します。合格者に共通する部分は、自身にピッタリの「効率的な勉強法」を見い出せたということです。
勿論、行政書士試験に挑戦する場合には、不十分な努力ですと合格へつながらない、高難易度の試験であると思い知らされます。即ち少しでも使える時間があったら上手く費やし勉強に励んだ受験生が、合格を得られる結果となるのです。
直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座をミックスして利用できる、専門スクール「資格の大原」に関しては、高い精度のテキストブックと、及び受験指導に精通した一流の教師陣により、行政書士資格合格者の半分の人数を巣立たせる高い実績を有しています。
法人税の個別の検討論点をしはじめたら、関連がみれらる良質な演習問題になるだけ取り組むようにし、確実に問題に慣れ親しんでおくといったスタイルの勉強法を盛り込むのも、行政書士試験における簿記論受験対策には殊に効力がございます。
イチから全て独学で進めているけど、日々のスケジュール調整であったり試験勉強方法等に、ちょっぴり不安を感じてしまうといったような場合は、行政書士試験専門の通信講座を受けてみるなんていうのも、1案なんではないかと思っています。

2006年度(平成18年)から、行政書士試験に関しましては、多数改定がされました。それまでと違い法令科目が、重きを置かれるようになり、多肢択一形式の問題や、記述式(論文)での問題のような今までなかった流れの問題も出題され始めました。
いわゆる難関とされております行政書士試験の難易度の水準は、まことに難しくって、合格率の状況もほんの3%前後と、国内の国家資格の中でも、トップクラスのド級の難関試験なのです。
行政書士の合格を狙うには、効率的な勉強法でのやり方が、特にマストです。このウェブサイトでは、行政書士試験の当日の日程ですとか高精度のテキストの選び方など、資格に挑む受験生にお役に立つ様々な情報を発信しています。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制なので、行政書士試験については、多忙な社会人受験者も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験生活の期間がずっと続くということがよくあります。今までの諸先輩方の取り組んできた勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。
街の法律屋さんとして、相続・遺言・成年後見などでお手伝いできる行政書士の受験をする際は、条件・経歴は不問となっています。基本受験したいと思えば誰もが皆さん挑むことができますため、通信教育の内でも、性別かつ年齢関係ナシに支持されている法律資格でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世間一般的に弁護士の代わり... | トップ | 行政書士試験というのは…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL