最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

毎年全教科の平均的な合格率の割合は…。

2017-07-13 20:20:01 | 日記

実際合格率が全体から見て7%のみといったら、行政書士の受験はスゴク難易度が高く難関そうにみえるけれども、指標に基づくボーダーラインの最低60%以上の問題がバッチリ解けるようであれば、合格を勝ち取ることは確実となります。
今の行政書士につきましては、とても難易度が高い内容になっていて、通信教育のセレクト方法で、受かるか・落ちるかが決まります。しかしながら、様々に同じような会社が存在していて、一体どの会社に決めるとベターか、悩む方も多いかと思います。
実際行政書士試験は、受験者の合格率が6%ぐらいと周知されておりますので、オフィスでの事務系資格としましては、難関といわれている資格だと言えます。けれども実際のところ、全ての試験問題の中6割以上正しく答えられたならば、確実に合格できます。
私自身行政書士試験の勉強を進める中では、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションを持ち続けることが大変だったりとした欠点も見られましたが、結果的には通信講座(通信教育)を申し込んで、良い結果につながったと心底思います。
基本演習問題をリピートし基礎的な学習能力を養いしっかり基礎を固めた後、実践的&総括的な問題へとスウィッチしていく、模範的な勉強法で取り組むのが、行政書士試験の中の簿記論マスターに関しては、効果が高いようでございます。

できるなら危険を回避、リスクを冒さないで無難に、用心を重ねてといった考えで、行政書士試験に挑戦する折に、専門スクールに通うようにした方がベターですけれども、完全独学を選択の道に入れても差し支えないです。
平たく言うと「足切り点」(第一段階選抜)としたような注意すべき制度が、行政書士試験にあり大きな特徴です。つまるところ、「定める点数に足りていないなら、不合格判定になります」といった点数というものが定められているんです。
行政書士に関しては、もしも最初から最後まで独学でやっても合格を実現できる国家資格の一つでございます。なかんずく現在、サラリーマンをやっている方が決心して挑む資格としては希望が持てますが、残念ながらかなり難易度も高いレベルを誇っています。
著しく高難易度の国家資格試験ですが、一つの教科毎に1回1回別に受験するといったこともできることによって、そのせいもあり行政書士試験に関しましては、現在毎年5万名以上が受験に臨む、人気の試験なのでございます。
世間一般的に国家資格内でも、高い難易度を誇っている行政書士なわけですが、他と比べて合格を獲得するまでの経過が計り知れないくらいシビアであるからこそ、やっと資格取得した未来は確実な就職やお給料、かつまた社会的身分の高い立ち居地を得ることが出来るようなこともありうるのです。

従前は行政書士試験については、割と取得しやすい国家資格などと知られておりましたけど、つい最近においては物凄く難易度がアップし、かなり合格を獲得することが容易でない資格になります。
そもそも科目合格制だから、行政書士試験に関しましては、仕事をしている人も受験に挑みやすいけれども、反対に受験生活のスパンが長期化する嫌いがあります。ぜひ過去の諸先輩方たちの勉強法というのを取り入れるのもよいのでは。
現実従前に法律の事柄に触れたことが全然ないのに、僅かな期間で行政書士試験にて合格を可能にした方もいます。合格をした方々に見られます共通する部分は、己に合った「実践的な勉強法」を選定することができたことです。
毎年全教科の平均的な合格率の割合は、およそ10〜12%くらいで、他の難関とされる資格よりも、合格率が高めであるように感じがちですけれど、それについては各教科の合格率の数値で、行政書士試験全体の合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。
網羅性を持ったテキストでさえも見たことのない、知識が必要になる問題に関しましては、直ちに諦めるといいです。完璧を狙わず割り切るようにすることも、高い難易度の行政書士試験にあたっては、重要事項なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実行政書士国家資格試験の... | トップ | 実際行政書士試験については…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL