最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際5種の教科に合格できるまで…。

2017-06-18 02:30:01 | 日記

演習問題を何度もやって基礎的な学習能力を養い土台をつくってから、実用に基く応用問題にスウィッチしていく、いわゆる王道の勉強法で取り組むのが、行政書士試験を受験する際の簿記論対策に、非常に有用とされています。
法律系国家資格の、極めて専門的な要素を含む職務を果たす、行政書士と行政書士ですけど、難易度のレベルは行政書士の方が一段と壁が高くて、そうして職務内容に関しましても、かなり違っております。
日本の法人税法に関しては、経営を行っていくにあたって、必ず知っておくべき学識になります。ですが、記憶するべき事柄がスゴクあるために、受験する人たちの間では行政書士試験の一番の難関であると言い表されています。
2006年度から、行政書士試験に関しましては、大分改正がなされました。新たに法令科目が、多数出題されるようになり、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式(論文)での問題のような暗記だけでは解けない問題なんかも見られるようになっています。
実際5種の教科に合格できるまで、長期間かかる行政書士の難関試験では、学習を継続することが出来る環境づくりが、合格への大きな鍵となり、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、一段とその点が関与してきます。

普通行政書士試験を受験しようとする場合、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、過去を遡った学歴なんかは指定はないものです。ですので、今まで、法律についての勉強を1度たりともしたことがないケースであれど、名の知れた大学卒業の学歴を持っていないようでも、行政書士の資格取得はできます。
巷で人気のユーキャンの行政書士用の講座に関しましては、年毎に約2万人位が受けており、ちょっとも学識が無い人の場合であれど、一歩一歩資格が取得できる実力を基本的な事柄から身につけられる、高品質の通信講座となっています。
言うまでもありませんが、行政書士試験に関しては、全身全霊を傾けないと合格することが出来ない、難しい試験だと心底思います。言ってしまうならば費やせる限りの時間を能率的に費やしながら学習したという方が、結果合格することが可能な試験なのであります。
受講料が30万円以上かかる、はたまた50数万円も負担しなければいけない、行政書士対象の通信講座などもさほど珍しくありません。これに関しましては受講スパンも、1年程度〜の長い月日の教育コースになっていることが、よくあるものです。
基本的に行政書士試験につきましては、1科目ごとで120分間しか受験する時間がありません。その時間内に、ミス無く合格点を獲得しないといけないため、至極当然ですけれどスピード力は必須事項です。

各々の教科の合格者の合格率は、大よそ10%辺りと、全ての教科とも難易度が高度な行政書士試験は、科目ごとの合格システムをとっているんで、働きつつ合格を志せる、資格とされています。
大抵、行政書士試験に一切独学で合格を実現するのは、相当厳しいという真実を先に確かめておきましょう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%に到達しない事実があることからも、疑う余地もなく認識することができるでしょう。
今の行政書士試験に関しては、基本筆記タイプの試験だけしか無いものであると、捉えていいでしょう。そのワケは、口頭試験につきましては、何か無い限り落ちるようなことがない簡単な試験だからです。
数年前までは合格率1割以上が一般的だった行政書士試験でありましたが、最近は、低下し1割満たない値にて停滞しております。合格率が一桁ならば、難易度が高めのランキング上位の国家資格として、捉えられるでしょう。
通信講座のケースですと、行政書士であれど行政書士にしても、両方ご自宅宛でテキストのセット等を郵送していただけますため、各人の限られた時間を有効活用して、勉強に励むことができるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近ごろは行政書士試験に勝つ... | トップ | 通信講座(通信教育)につい... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL