最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実を言えば…。

2017-05-03 17:30:01 | 日記

超難関と言われている行政書士試験の難易度というのは、大層難しくって、合格率を見ても約2〜3パーセントと、法律系の国家資格の中でも、最高ランクの桁違いの難関試験であります。
行政書士については、もし学校や通信教育を受講しないで独学で挑んでも合格を可能とすることができる資格であります。殊に今日び、サラリーマン・OLなどの方が前向きな姿勢で挑戦する資格としては見込みがあるものですが、その反面めちゃくちゃ高い難易度となっています。
オール独学での行政書士資格試験の勉強法をセレクトするケースで、特に問題となりますのは、勉強を行っていて不明な点が生じた際に、教えてくれる人がいないことです。
基本行政書士試験は、高難易度の国家試験といったように言われているため、経験豊富な教師陣が揃った予備校に行くようにした方が、ベターです。しかし、一切合切独学だとしても受験生により、そのやり方がマッチしているならOKであるケースもあったりします。
簡単に言うなら試験での点数には「足切り点」といいます厳しい仕組みが、行政書士試験には存在します。つまるところ、「範囲内の点数に不足しているならば、不合格の判定になります」とされます境界の点数があらかじめあるのです。

今の時点に皆さんが、行政書士の合格に至るまでの事細かな体験談というのを、色々探し求めてご覧になっている要因は、きっと、いかようなアプローチ・勉強法が自らにより適正であるのか、迷いがあるからではないでしょうか。
普段からいろんな事柄に「法令を基に考える頭を持った方」なのかどうかを審査されているみたいな、すこぶる難易度が厳しい受験となっておりますのが、近年の行政書士試験のリアルな現実ではないでしょうか。
あの法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格になるといったことがあるくらいなので、ツボを得た効率良い勉強法を熟考し立ち向かわなければ、行政書士試験に合格をするのは超困難であります。
難易度が超高い法律系試験であるのに、個々の科目ごと都度受験するということが可能とされているため、そのせいもあり行政書士試験に関しましては、1回に約5万人の受験生が受験申込みする、受かりにくい試験となってます。
国家試験の行政書士試験における合格率につきましては、概ね1割と、難易度が高いと言われる割には、別の国家資格と比べて高い合格率となっています。けれど、一回目の試験で合格を叶えられるのは、不可能に近いということがわかっています。

実際に通信教育におきましては、教材の精度の高いOR低いが命といえます。今はDVDはじめPCで見るオンライン配信のような映像での授業も増えておりますけど、個々の行政書士のスクールごとにより、その内容についてはまさに色々です。
実を言えば、行政書士の資格をとる際は、完全独学にて合格を勝ち取ろうとする方がかなり少ないということもありまして、実情別の法律系国家試験と見比べて、市販のテキストの数も全くと言っていいほど、つくられておりません。
何から何まで盛り込んであるテキストであれど記されていない、学識が必要とされる問題につきましては、速やかにとばしましょう。割り切りを持つのも、高難易度の行政書士試験においては、大切な事柄であるんです。
一昔前までは行政書士試験の受験は、結構取得しやすい国家資格といった風に言われ続けてきましたが、ここ最近はとってもハイレベルになっており、全力で取り組まないとなかなか合格することができないという資格の1つになっております。
行政書士の仕事に就くことは、日本の法律系国家資格試験の関所として、いろんな歳の方達に注目を集めている中、見事合格した以降は、スグに個人事務所等を設立し、営業をスタートすることも実行可能な法律系国家試験の一つです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実国家試験の行政書士試験... | トップ | 原則的に科目合格制というシ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL