最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

合格者の合格率7%に満たないと…。

2017-05-12 15:20:01 | 日記

実際に、行政書士試験に一切独学で合格を叶えるのは、とても難しいということを覚えておくといいでしょう。毎年の合格率が全体の10%を超えない現状によりましても、まざまざと想像できるはずであります。
一般的に高難度という風によく言われる行政書士試験の難易度については、まことに高めのものになっており、例年の合格率もほんの3%前後と、法律系国家資格の中でも、10本の指に入る難関の試験となっています。
近々本格的に勉強をやり始める受験者においては、「行政書士試験に対しては、どの位の学習時間を維持したら合格をゲットできるのか?」というデータは、やっぱり事前に知っておきたいことでしょう。
当ホームページでは、行政書士専用の通信教育(通信講座)を、適正に選べますように、第三者的な立場で判断することが可能な役立つ情報を定期的に紹介していきます。それを参考に自分自身で選んでいってください。
当たり前ですが行政書士試験にトライするという際におきましては、いい加減なやり方でしたら望む結果が得られない、非常に厳しい試験だと受け止めております。結局のところ勉強にあてることができる時間を効率良く&集中して活用して学習を継続した努力家だけが、合格を手にすることができる実力本位の試験です。

例年全受験科目の標準の合格率については、10〜12%ほどで推移し、別の難関資格以上に、合格率が高いように思ってしまいますが、それについては各教科の合格率でして、行政書士試験それ自体の合格率ではありませんから、覚えておいてください。
基本的に5種教科合格に至るまで、長期間かかる行政書士資格取得試験では、ずっと勉強していられる環境を持てるか持てないかが、肝で、その中でも通信教育講座は、よりそういった事柄が言えるのではないでしょうか。
通常多くの人たちは、ネームバリューがある会社であるし確かだろうなんていうような、何の根拠も存在しない漠然とした理由をもって、向こう見ずに通信教育を選んでしまっています。けれども、それじゃあいざ行政書士試験に、合格できるはずはないといえます。
暮らしに役立つ法律家として、法律の知恵をアドバイス&力になれる行政書士の試験を受ける場合に、資格については関係ありません。つまり誰でもトライ可能でありますから、通信教育を提供している各会社でも、年齢や性別を問わず幅広い層に広く注目されているランキング上位の資格であります。
通信講座が学べる予備校も学習法に関しましても多様に取り揃っております。ということから、いろんな行政書士向けの講座の中から、忙しい受験生でも勉強が行える、通信講座を行っている予備校を比較検討しました。

学習のための時間が日常生活で結構確保できる人は、一般的な勉強法を取り入れることによって、行政書士試験で合格を得ることも可ですが、普段から仕事に追われているなど日常生活で暇が無い人に対しては、良い方法ではありません。
合格者の合格率7%に満たないと、行政書士試験は難易度レベルが高めの試験とされております。しかしながら、行過ぎるくらい臆する必要はありません。努力を積み重ねれば、誰であっても必ずや合格は切り開けます!
当ウェブサイトは、経験豊富な行政書士が、行政書士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法を助言し、行政書士を対象としている通信講座(通信教育)の世間での人気状況の実態、口コミサイトなどをリサーチし、まとめたポータルサイトです。
毎年国家試験における行政書士試験の合格者の合格率は、およそ10%程度と、超難関と知られている割には、国家資格内でも高い合格率を出しています。だけども、初めてのチャレンジで合格するのは、ほとんど0%と聞いています。
難しい国家試験の行政書士試験に立ち向かうには、本気で頑張らないと100パーセント合格は叶いません。なおかつ全て独学で試験に合格する場合は、寝る間を惜しんで勉学に励まないとなりません。そういった中ちょっとであってもサポートすることができるホームページになるならとても幸せです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サラリーマンをやり続けなが... | トップ | 最近の行政書士については…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL