最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

当然行政書士試験を独学にてパスすることは…。

2017-06-22 19:20:00 | 日記

実際に行政書士試験に関しては、やさしい試験とはいえません。毎回合格率は、大体10%ほどです。ですが、一回だけの試験ではあらず、何年間かかけて合格を狙うのであれば、特段大変なことではないでしょう。
各々の教科の平均の合格率については、概算で10%強というように、各科目とも難易度が高度な行政書士試験は、科目別合格制度でありますので、会社に勤めながら合格を勝ち取ることができる、資格です。
合格して、先々「自分だけのチカラで前に進みたい」というような攻めの気持ちがある受験生なら、どんなに行政書士資格の難易度が相当高くても、そんな障害も必ずクリアできるかと思います。
なるたけリスクを避ける、限りなく無難に、用心を重ねてという狙いで、行政書士試験に立ち向かう場合、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通う方がベターですけれども、独学で貫くことを選択の道に入れても不都合はございません。
ベテランの先生たちに直で教えてもらうことができる予備校通学の長所は、興味深いですけれども、前向きなやる気さえ持ち続けられれば、行政書士資格の通信教育で勉強をすることによって、望んでいるスキルアップが出来るかと思われます。

実際日商簿記1・2級を完全独学で、合格することが出来た方であるなら、いざ行政書士試験の簿記論・財務諸表論の2種教科に限るなら、ベースを理解しているため独学にて合格を獲得するといったのも、困難なわけではないと思います。
当然行政書士試験を独学にてパスすることは、難関ではありますが、勉強の進め方に手を加えたり、沢山の情報を確実に見聞きすることによって、短い期間・少ない学習量で合格を狙うのも、可能といえます。
通常通信教育でありますと、行政書士試験に向けて専門の対策をパーフェクトに記載した、オリジナルの教材が用意されているので、1人での独学よりも学習のスタイルが認識しやすく、勉強がはかどりやすいと断言します。
はじめから独学だけで勉強を行うという、心の強さはありませんが、自身のコンディションに沿って集中して学びたいという人には、事実行政書士専門の通信講座を受けた方が、適切な勉強法といえるかと思います。
実際にDVDであったり、テキストブックを見ての勉強方法に、多少不安感があるのですが、事実毎年通信講座により、行政書士の国家資格を取ったという人達も数多く存在しておりますし、全部独学で実行するよりは、マシではないかと思うのです。

現実司法試験と等しい勉強法ですと、純粋にまっさらな行政書士試験専業の受験生と見比べて、総勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。それだけでなく見合う結末は迎えられず、対費用効果が低くなります。
通常行政書士試験を受けようとする際には、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、学歴については問われません。今に至るまで、法律関係の勉強を何もしたことが無くとも、優れた学校を卒業しておらずとも、関係無しに行政書士資格取得はできます。
一年の中でも9月〜、この次の年度の行政書士試験に向かって準備をスタートする受験生も、多くおられるかと思います。約1年あまり長期にわたる試験勉強では、ご自分に最適な勉強法を見つけることも必須でございます。
深い知識・経験を要する法的な内容なんで、難易度が大変高いわけですが、元来行政書士試験におきましては、科目合格制度のシステムを設定しておりますので、それぞれ複数年かけ合格をしていっても、オッケーとされている試験となっています。
行政書士試験を受験するときは、実際上は筆記による試験だけしか無いというように、思っても問題ないでしょう。なぜかというと、口述形式の試験は、ほとんどの場合決して落ちることのない簡単な試験だからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔より…。 | トップ | 難しい国家試験の行政書士試... »

日記」カテゴリの最新記事