最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

オール独学でやるもの良いけど…。

2017-06-14 17:20:01 | 日記

国家資格試験の行政書士試験の合格率の割合は、10%位と、難関と表されているにしては、他と比較して高合格率となっています。ですが、一度目で合格を勝ち取るのは、ほぼ不可能なことというのが現実のようです。
行政書士試験においては、平均の合格率が約6%少々となっておりますので、事務系資格カテゴリーでは、受かりづらい資格の一つと考えられます。しかし実際には、全体的に問題の60%正答であったなら、間違いなく合格するのです。
平たく言うと試験での点数には「足切り点」といいます門前払いのシステムが、行政書士試験においてはあります。つまるところ、「規準点に到達していないと、不合格の判定になります」という水準点があるんです。
行政書士の簿記論に関しては、ボリューム量は大量なわけですが、ほとんどいろんなテーマの計算試験問題で出題が行われますから、行政書士の資格を得ようとするためには、割かし独学で取り組んだとしても、マスターしやすい試験科目内容とされています。
合格率の数値が僅か3%の難易度が高度な、行政書士試験にて合格を得るためには、全部独学でやる受験勉強だけでやるのは、大変なケースが沢山ありまして、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して受験に向けて勉強をするのが通常であるといえるでしょう。

長い時間を要する行政書士試験の学習は、集中力をキープしにくかったりだとか、モチベーションアップがハードに思えたりデメリットな部分も色々ありましたけれども、全体を通して通信講座をセレクトして、満足できたように思われます。
国家資格の中においても、難易度が高いことを誇る行政書士であるわけですが、合格するまでの道が簡単ではなく辛いからこそ、ようやく国家資格を得た後は人材の受け入れ先の多さや年収増、より高い地位を取得することができるようなこともありうるのです。
資格をとるのがとても厳しい試験とされております行政書士試験を受ける場合におきましては、普通の努力では100パーセント合格は叶いません。さらにまた全て独学で試験に合格する場合は、物凄くガンバル必要がございます。受験生の皆様にちょっぴりであれど何か役立てるページとして活用してくれたら嬉しい気持ちでいっぱいです。
行政書士試験については、高難度の国家試験というように言われておりますので、とりあえず行政書士対象の専門学校に入学した方が、より無難でしょう。とは言え、オール独学であれど各々の人によっては、とても上手くいくなんていった事柄もあったりするようです。
実際行政書士試験については、かなり難易度が高めであります。合格者の合格率は、大体10%ほどです。とは言っても、一回に絞った試験でチャレンジせず、何年間かに分けて合格しようとするのであれば、それ程難度が高いものではないと思われます。

現実的に科目合格制という制度が設けられているため、行政書士試験は、会社勤めしている人等も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験生活の期間が長期になる印象があります。これまでの先人の方の行ってきた勉強法をお手本にすることをお勧めします。
司法試験と変わらない勉強法ですと、純粋にまっさらな行政書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、勉強にかける量がものすごくなりがち。そればかりか条件に見合った結果は生じず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
現実的に専門知識が要求される試験内容で、難易度がかなり厳しいものですが、元来行政書士試験におきましては、科目合格制度のシステムの採用を行っているため、1教科ずつ何年かかけて合格していくスタイルであっても、大丈夫な試験なのでございます。
オール独学でやるもの良いけど、学習の時間管理や勉強の方法についてなどに、少々心配になるといった際には、行政書士試験対策用の通信講座で勉強するというのも、1つのパターンかと思います。
実際のところDVDでの映像教材とか、テキストを見て行う勉強アプローチに、少しだけ不安感があるのですが、本当に通信講座にて、行政書士の国家資格を得たという人達も数多く存在しておりますし、オール独学よりかは、ベターなのではと考えております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本5つの科目合格に辿り着... | トップ | 目下…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL