最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

毎年行政書士の合格率は…。

2017-06-15 19:30:00 | 日記

行政書士試験に関しましては、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、どこの学校を卒業したかという学歴は条件にありません。そのため、過去に、法律に関しましての勉強をした経験があらずとも、知名度のあるような大学卒の経歴が無くとも、行政書士の資格は取得可能となっています。
練習問題によりよく理解し土台をつくってから、実用的な応用問題へとチェンジする、王道的な勉強法で取り組むのが、行政書士試験の上で簿記論対策に、まさに効果があるようです。
毎年行政書士の合格率は、ザッと1.75%という結果が出ています。ここ数年、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院という教育の場ができ、その過程を済ませれば、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位を獲得することができます。
やっぱり行政書士試験を受けるには、全力で臨むようにしないと望む結果が得られない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。一寸の時間も無駄にせず空いている時間を能率的に費やし勉強した受験者が、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
現実的に行政書士は、誰にも頼らず独学であろうと合格可能な資格の一つといわれています。特に今、サラリーマン・OLなどの方が意欲を持って取り組む資格としては見込みがあるものですが、その反面難易度も著しくハイレベルです。

高い難易度の資格試験と知られている行政書士試験については、全力で向かわなければ確実に合格なんてできないです。それもましてや一切独学で合格を実現するといったことは、本気で取り組まなければいけません。そんな中少しでも貢献できるインターネットサイトとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。
かいつまんで言えば試験での点数には「足切り点」といいます注意すべき制度が、行政書士試験には設定されています。分かりやすくいうと、「規準点を超えなければ、通過できずに不合格となりますよ」という水準点が存在しているのです。
行政書士試験の役割は、行政書士の資格を保有するのに欠かせない専門知識とともに、それを現場で活かせる力量を有しているのかいないのかを、真に判定することをメインに、一年に1回行っている日本でトップクラスの国家試験です。
実のところDVD授業だとか、テキストブックを見ての勉強に対して、少しだけ不安になってしまうのですが、現実的に通信講座を活用して、行政書士の資格取得を実現している先達も多数存在していますし、独学で進めるよりは、良いのではないかと思っております。
基本5つの科目合格に辿り着くまで、長い年月がかかる行政書士試験では、スムーズに勉強継続が出来る十分な環境条件が、重要で、その中でも通信教育講座は、なおさらそういった事柄が言えるかと思います。

深い知識・経験を要する法律系の内容であるので、難易度が非常に高度となっておりますが、されど行政書士試験では、社会人も受験しやすいように科目合格制度を取り入れているから、個々の科目ごと何年かかけて合格をゲットしていっても、結構な国家試験なのです。
以前においては行政書士試験に関しましては、相対的に取得することが可能な資格だなんて言われていたわけですが、今日び至極狭き門になっており、他の資格よりも合格が出来ない資格と言われています。
それぞれの科目毎の合格率の数値は、およそ10%前後と、どの科目ともに難易度が高めの行政書士試験は、科目合格制となっておりますため、会社に勤めながら合格することも現実にできる、間口の広い資格といえます。
現実的に法科大学院卒でも、不合格判定になることがあるくらいなので、要点をとらえた効率的な勉強法をよく考えて本気で臨まないと、行政書士試験合格を実現するということはメチャクチャ大変でしょう。
基本通信教育では、行政書士試験に向けて専門の対策を不足なくピックアップした、受験向けの教材が用意されているので、1人での独学よりも学習一連の流れが認識しやすく、勉強がスムーズにいきやすいといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通学式の講座と通信式での通... | トップ | 資格をとるため専門学校にて... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL