最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

ちょっと前までは合格率10%超えをキープしていた行政書士試験も…。

2017-05-17 17:00:00 | 日記

法律で平成18年より、行政書士試験制度については、新しく手直しがされました。一般科目よりも法令科目が、多数出題されるようになり、多肢択一の問題であったり、記述方式の試験問題といった今までには見られなかった新傾向問題も見られるようになっています。
国家試験の制度の修正と同時に、今までの運や不運に左右される博打的条件がカットされ、純粋に技量のアリORナシが見られる高難度の試験へと、行政書士試験は刷新したのです。
要するに独学で貫いても、十分、行政書士の内容について身に付けることができるのなら、合格も夢ではありません。しかしながら、そうなるためにはかなり、長い学習時間を保持するといったことが必要です。
総じて、行政書士試験に完全に独学で合格することは、とても難しいという事実をあらかじめ確認しておくように。そのことは従前の合格率の値が10%に至らない結果をみるだけでも、明白に知りえることでございます。
どの教本で勉強をするのかということよりも、どの勉強法を取り入れガンバルのかという方が、格段に行政書士試験を乗りきるには肝要になるのです

勉強時間が日々十分確保できる人は、基本の勉強法を取り入れることによって、行政書士試験で合格できるかもしれませんが、常日頃会社など予定が一杯な方には、最善な方策ではないと断定できます。
昔より、法律の知識を何も持たず取り組み出し、行政書士試験合格に要されるトータル学習時間は、大体「3000時間強」と周知されています。事実、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、平均的に3000時間となっております。
ちょっと前までは合格率10%超えをキープしていた行政書士試験も、今現在、一桁台であり続けています。合格率一桁の台というと、高い難易度の難関資格のひとつとして、認知されることになります。
めちゃくちゃ難関の資格試験といわれている行政書士試験にトライする場合においては、普通の努力では合格が難しいです。無論全部独学で合格を手に入れようとするならば、超頑張らないといけません。僅か程度であってもサポートすることができるホームページと感じていただければ嬉しいことこの上ないです。
現在においては、通学して講座を受けているという人たちと、ほぼ差異が無い勉強を実施するということができます。このことをリアルに可能とするのが、今現在行政書士用の通信講座の主流の学習材である講義が収録されたDVDです。

言うまでもなく独学で臨んで、合格を叶えるといったことは、実現することが可能であります。そうはいっても、行政書士の資格取得試験は10人受験して、全員アウトになる難易度マックスの試験であります。合格を勝ち取るには、成果が期待できる質の高い勉強ノウハウを確立する必要があります。
簡単に言うと実際試験での点数には「足切り点」といいます特筆するべき制度が、行政書士試験には設定されています。わかりやすく言い換えますと、「決められた点に達していないとしたときは、落ちますよ」といった点数というものが設定されております。
そもそも行政書士試験の特徴とされる点として、点数が全てを決める試験で行われていて、合格者の上限人数を前もって設定していないので、すなわち本番の問題の難易度そのものが、絶対に合格率につながります。
事実法科大学院の修了者であれど、不合格となってしまうことが起こりえるため、ツボを得た合理的な勉強法を考えた上で全身全霊で頑張るようにしないと、行政書士試験にて合格を果たすというのは容易なことではございません。
実際行政書士試験は、平均の合格率が約6%少々となっておりますので、事務系の公的資格としましては、受かりづらい資格の一つになっています。しかし実際には、全部の問題中6割合えば、確実に合格できます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本的に科目合格制度とされ... | トップ | お勤めしながら…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL