最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

現在の行政書士試験におきましては…。

2017-06-14 06:50:00 | 日記

法律系の国家資格として誇り、専門知識が要求される業務を執り行う、行政書士&行政書士ですけれども、どちらの難易度が高いかといえば行政書士の方が一層手ごわく、そしてまたお仕事内容についても、結構違いが見られます。
高い難易度の資格試験と知られている行政書士試験にトライする場合においては、中途半端な努力では確実に合格なんてできないです。かつ独学で合格を目指すのは、寝る間を惜しんで勉学に励まないとなりません。そんな中少しでも重宝するWEBサイトとして使ってもらえたならありがたいです。
言うまでもなく行政書士試験をたった一人で独学にて進めるのは、物凄く高難度なことであるのですが、立ち向かいたいと思っているという人は、先に必須とされる会計科目の学習からやり始めるようにするのがおススメ。
メリットが多くあげられる、行政書士資格の専門スクールに通学する効率的な勉強法ですが、普通十万以上の結構な投資が求められますから、どんな人でも受けることが可能であるというわけにはいきません。
ちょっと前までは行政書士試験の受験は、結構入手しやすい資格と伝えられておりましたけれど、近年におきましては至極難易度がアップし、めちゃくちゃ合格できないという資格になっております。

通信教育につきましては、学習材の出来栄えが重要な肝です。今時はDVDだとかネット経由の動画配信などの動画学習系も豊富に揃っていますが、行政書士の専門学校により、それらの内容に関しては違いがあるものです。
実際行政書士試験については、生半可なものじゃないです。合格率というのは、大体10%ほどです。だけど、一回のみの試験ではあらずに、何年かにわたって合格を志すつもりであるなら、取り立てて困難なことではないと思います。
一般的に行政書士試験の主要な特徴的な事柄は、点数が全てを決める試験とされているもので、合格者の上限数をはじめから確定していため、つまり問題内容の難易度レベルが、リアルにそのまま合格率に反映されることになります。
合格を実現することが出来なかった折の、合計勉強時間のリスク度合いを思うと、行政書士資格受験は専門学校の通信講座、それともまた通学タイプの講座を選定するのが、堅実でしょう。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制が採用されていることから、行政書士試験は、働いている社会人の人達も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験勉強期間が長くなってしまう風潮がしばしばみられます。よって先輩合格者方の質の高い勉強法を取り入れるのもよいのでは。

勉強できる時間が生活の中でいっぱいあるという方は、標準的な勉強法を行えば、行政書士試験に合格できますが、会社勤めをしているなど時間制限があるといった人には、確実な術だとは言えないでしょう。
昔より、法律知識ゼロの次元から着手して、行政書士試験合格にマストな試験勉強時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。現実を見ても、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
平成18年度以降、法律系資格の行政書士試験は、新しく変更が行われました。憲法・民法などの法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、選択式問題及び、記述式の試験問題のようなはじめての問題も多く出題されております。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を志すのは、実行可能でしょう。しかしながら、例年行政書士資格は10人挑んでも、たった1人も合格できない難関試験となっています。勝利を得るには、早期に正しい勉強の仕方・コツを自分のものにすることが要求されるのです。
現在の行政書士試験におきましては、現実的には筆記試験(記述式問題)だけしか無いというように、思っていて構わないといえます。そのワケは、口述形式の試験は、余程の出来事が無い限りは決して落ちることのない試験となっているためです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般的に会計事務所または行... | トップ | 基本5つの科目合格に辿り着... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL