最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

ピント外れの勉強法で取り組み…。

2017-05-19 04:30:03 | 日記

どの参考書にて勉強に取り組むのかというのではなく、どんなタイプの勉強法を選んでガンバルのかという方が、明白に行政書士試験をクリアするためには大切なポイントとなります
法律系の学部を専攻しておらずとも、及びNO知識&経験であれど行政書士の職に就くことはできますけれど、当然その分一から独学である場合は、勉強時間も絶対に必要です。自分自身も独学で行って合格を可能にしたから、心の底から感じております。
当HPにつきましては、経験豊かなベテラン行政書士が、行政書士試験の効率的な勉強法の紹介を行い、また様々な行政書士資格専門の通信講座の一般受けの様子、個人の口コミなどの調査を行い、解説を行っている行政書士に特化したサイトとなっています。
平たく言うと「足切り点」(ボーダーライン)というような厳しい仕組みが、行政書士試験には設定されています。簡潔に言えば、「定める点数に届いていないと、不合格となります」というような点があらかじめあるのです。
ピント外れの勉強法で取り組み、迂回するのは非常にもったいないことです。如何にしても、効率的なやり方で短い年数で合格を得て、行政書士となって社会に貢献しましょう。

只今多くの皆様方が、行政書士の合格への流れを記載した体験の覚書等を、いろいろとインターネット等で目を通しているワケは、ほとんどの場合、いかなる勉強法が己自身に最適であるのか、思案しているからでしょう。
主流の資格取得専門学校では、行政書士の資格を目指す人向けの通信教育が開催されています。そんな中には、どこにでも持ち運べるUSBメモリなどを用いて、今の時代に合わせた通信教育を受講することが可能である、スクールもあったりします。
現実的に行政書士試験につきましては、やさしい試験とはいえません。例年平均合格率は、たった10%〜12%となっております。だけど、一発試験ではなく、数年間にわたり合格を狙うのであれば、特段やってやれないことではありません。
現在における行政書士は、スゴク高い難易度の試験になっており、通信教育(通信講座)の選定により、合否の判定が分かれてきます。しかしながら、数多くの会社があって、何処を選んだらベストなのか、迷う方もおられるかと思われます。
全て独学で行政書士試験合格を狙うには、己で最善の勉強法を発見する必要があります。そんな折に、第一に優良な方策は、合格した人たちがしていた勉強法と同じように行うことです。

仕事をやり続けながら並行して空いた時間に勉強をやり続け、とうとう3度目の試験にて行政書士合格を果たした、小生の経験を頭に浮かべてみても、ここ2・3年の難易度は、スッゴク厳しくなってきているのではないでしょうか。
状況が許せばリスク回避、石橋を叩いて渡る、念のためにといった考えで、行政書士試験を受験する際、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通った方が良いかと思いますが、けれども独学をセレクトする考え方も支障はないでしょう。
弁護士の役を担う街の法律の相談請負人として、社会的に活躍が期待される行政書士においては、社会的に地位の高い法律系国家資格でございます。それだけに、試験の難易度レベルも物凄く高度です。
合格率の値が全体の7%前後とすると、行政書士の試験の程度はとっても難易度が高くみえますけれど、絶対評価で到達点数の6割以上の問題をしっかりクリアすれば、合格をゲットすることは間違いないでしょう。
実際行政書士試験に関しては、年齢・性別といった受験の資格は設けられていなくて、学歴に関しては条件にありません。ですので、今まで、もし法律の専門的な勉強を何にもしたことがないような素人であろうとも、優れた大学を卒業していなくっても、行政書士の資格をとることは可能でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際に5種類の科目に合格す... | トップ | 実際に独学での行政書士を狙... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL