最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

すでに日商簿記2級や1級の資格を独学の学習で…。

2017-07-15 01:00:01 | 日記

通学講座&通信講座の2種をセットにして受けられるようになっております、CMでも有名な「資格の大原」は、クオリティの高い教科書と、ベテランの講師たちにより、昔からずっと行政書士合格者数の50%以上の成果を上げる素晴らしい実績を残しております。
当然ながら一から独学で、合格を獲得するというのは、可能であります。ですけど、現況行政書士の試験につきましては10人受けても、合格できた人が1人もいないという難易度マックスの試験であります。資格を取得するためには、良い勉強法を手に入れることが必要です。
基本行政書士試験は、トップクラスを誇る難関国家試験といったように言われているため、信頼できる専門学校に入った方が、いいかもしれません。ともあれ、全て独学でやっても各個人によって、とっても能率が上がるなどのケースもあるわけです。
以前は合格率の値が10%位が定番になっておりました行政書士試験だったけども、現在においては、1割以下の率におさまっています。当然合格率が一桁といえば、高い難易度とされる国家資格として、挙げられます。
結論から述べますと、専門学校に通わなくとも独学で行っても、確実に、行政書士の職務に関して会得できるのならば、合格を目指すことは可能です。しかしながら、それを現実にするには大変、長時間を勉強にあてる必要がございます。

行政書士試験というのは、実際上は筆記形式の試験しか存在せずというように、思っても問題ないでしょう。その理由は、口述試験に関しては、よっぽどの事が無い限り落ちるようなことがない試験内容だからです。
現実的に大部分の人は、名が通った通信教育の会社だからとかの、何の根拠も見られないテキトーな動機で、通信教育を選びがちです。けれども、そんなものじゃ高レベルの行政書士に、合格するはずはないです。
合格率の割合に関しては、行政書士の試験の難易度が高いかどうかを表わす明確な基準値のひとつなのですが、今日、このパーセンテージがありありと下向きで、多くの受験生達の関心が高まっております。
世間一般的に合格率の数字がたった7%だけと聞かされると、行政書士の資格試験の内容は相当難易度が厳しくって大変そうですけれど、絶対評価による達成点数の全体の60%以上の問題が合えば、合格をゲットすることは100%間違いありません。
たった一人で独学にて行政書士試験合格を目指すならば、ご自分で合う勉強法を生み出さなければいけません。ともあれそのために、他の何よりも優良な方策は、過去の合格者がとっていた勉強法とそのまんま同じようにすること。

そもそも行政書士試験とは、生易しい試験ではございません。毎回合格率は、概ね10%であります。されど、一回だけの試験ではあらず、5年間くらいかけて合格獲得を目指すのであったら、特別実現困難なものではないのです。
現在数多くの方々が、国家資格の行政書士の実際の合格体験記を、様々に調べて目を通しているワケは、大抵、どのような勉強法が自分自身に1番適切であるのか、悩んでいるからではないでしょうか。
実際に司法試験と似た勉強法でおこなうケースだと、新たな行政書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、勉強にかける量が非常に沢山になりがちであります。それのみか見合う結末とはならず、コストと効果のバランスが悪いです。
世間一般的に行政書士については、日本の法律系国家資格試験の関所として、若者から中年まで広い層に人気が高まっていますが、なお試験合格後には、自ら行政書士事務所を設けて、自営で開業することも出来てしまう法律系の専門試験であります。
すでに日商簿記2級や1級の資格を独学の学習で、見事合格されたといった人であるなら、行政書士試験におきまして簿記論や財務諸表論の2種の科目については、完全に独学にて合格を可能にするのも、難儀なチャレンジではないかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 科目ごとの平均の合格率につ... | トップ | 大抵全ての科目の合格率のア... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL