最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

前は行政書士試験の内容は…。

2017-07-10 12:00:02 | 日記

合格が叶わなかった場合の、学習を行う合計時間の危険を見ますと、行政書士の試験については専門スクールの通信講座(通信教育)、その他には通学タイプの講座をチョイスするほうが、より固いと考えます。
メリットが多くあげられる、行政書士のスクールに通う上での効果が期待できる勉強法ですが、現実十万を超えるそれ相応の料金が掛かってきますから、どんな人でも取り組めるものではないと言えます。
通常行政書士試験を独学にてパスすることは、非常にハードルが高いわけですが、勉強の進め方を変えてみたり、様々な情報をキッチリ集めて吸収しておくことで、短い時間&少しの勉強量にて合格を志すといったことも、実現不可能なことではないのです。
毎年合格率が約2・3%のハイレベルの、行政書士試験におきまして合格を勝ち取るためには、独学で行う学習だけで挑戦するというのは、困難な場合が色々あり、専門学校に通うか、家で通信講座を受けて学習するのが一般的といえます。
前は行政書士試験の内容は、他と比較して入手しやすい資格というように言われていましたけれど、近年におきましては物凄くハイレベルになっており、かなり合格をゲットすることができないという資格とされています。

原則的に独学で勉強して、合格を狙うのは、実現可能です。そうはいっても、行政書士は10人試験に臨んでも、1人でさえも受からないようなめちゃくちゃ厳しい試験でございます。合格を勝ち取るには、確実な勉強スタイル・術を身につけなければならないでしょう。
勉強時間が毎日一杯確保できる人は、通常の勉強法でやり通すことで、行政書士試験に合格できますが、会社とか家庭とか日常生活で暇が無い人に対しては、最善な方策ではないと断定できます。
基本的に行政書士試験につきましては、ハードルが高いとされている、法律系国家資格の1つ。ここにおいては、目的とする行政書士試験に必ず合格するために知っておきたい勉強法などを、管理人自身の合格までの道の経験を基本として色々記そうと思います。
事実、行政書士資格をとろうとするケースにおいては、完全に独学で合格を勝ち取ろうとする方が少な目で、全くもってほかの法律系試験と照らし合わせると、役立ちそうな市販の参考書などもあんまり、販売されてません。
基本的に演習問題を何度も繰り返してよく理解し地ならしを行った上で、実践に基づく応用の問題へとレベルアップしていく、基本の勉強法をやっていくのが、行政書士試験においての会計科目の簿記論におきましては、実効性があるようです。

国内においてもトップレベルの高い難易度という行政書士試験は、全11科目の法律の範囲より幅広い問題が出ますので、合格したいなら、長期スパンの勉強時間の確保が必ずいります。
科目合格制となっております、行政書士試験においては、同時期に一斉に、5分野の科目を受験することは必須ではなく、1教科ずつ受験しても良いシステムとなっています。つまり合格を得た教科は、この先行政書士になるまで合格として継続されます。
実際全科目における標準の合格率については、およそ10〜12%くらいで、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が若干高いように思えますが、これにつきましては各受験科目の合格率の平均値であって、行政書士試験オールでの合格率ではありませんから、覚えておいてください。
国家試験制度の改定実施を機に、これまでの運任せの博打的な不安要素が除かれ、実に器量があるか否かが見極められる試験に、今の行政書士試験は一新したのです。
会社に属しながらその合間に勉強を重ねて、ついに3回目のトライで行政書士試験に合格をした、小生の経験を頭に浮かべてみても、ここ数年来における難易度は、スッゴク高難度になってきているように感じています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 合格者の合格率の割合が3%... | トップ | 根本的に行政書士試験の特徴... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL