最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

平たく言うと第一段階合格最低点の「足切り点」といいます厳しい仕組みが…。

2017-07-13 13:10:01 | 日記

平たく言うと第一段階合格最低点の「足切り点」といいます厳しい仕組みが、行政書士試験には存在します。これはつまり、「必要な点数に到達していないと、不合格の判定になります」という規準点がはじめに設定されているのです。
学習にかけられる時間が日々十分つくることができます受験生の方は、模範的な勉強法を取り入れることによって、行政書士試験に合格できますが、常時お仕事等予定が一杯な方には、現実的なアプローチではないでしょう。
現在は行政書士試験の対策を掲載した、専門サイトであったり、現役で働いている行政書士が、受験者を対象にしてメールマガジン等の配信を実施しており、情報収集及び士気を向上・持続するためにも有効なものといえます。
過去に日商簿記試験1級・2級をオール独学で、合格することが出来た方であるなら、行政書士試験の必須科目の簿記論及び財務諸表論の2種の教科だけは、基礎があるので独学で受験に合格するのも、不可能な挑戦ではないのでは。
一般的にほとんどの資格取得専門学校では、行政書士資格の通信教育が取り扱われています。その内には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、流行の最先端を取り入れた通信教育を実施している、資格学校や専門学校も多数でてきています。

一般的に毎年、2〜3万名ぐらいの受験生が試験を受けて、多くとも900人に限ってしか、合格を勝ち取ることが出来ません。この部分に着目しましても、行政書士試験難易度が超高いというのがわかるものです。
街の法律屋さんとして、いろんな法律トラブルでサポートの役割を担う行政書士の試験を受ける際に、資格に関しては不要です。誰であろうとチャレンジすることが可能なため、通信教育の講座内でも、年齢や性別を問わず幅広い層に支持を集める国家資格となります。
努力して資格を得て、そのうち「自分一人の力で前進したい」とした強固な願いを持つ人であるなら、もしも行政書士の試験の難易度が高度であれど、そのような垣根も必ずクリアできるかと思います。
全部独学だけに限定して勉学に励むほどの、心の強さはありませんが、自身のコンディションに沿って勉強したいというような受験者に対しては、あえて言うなら行政書士専門の通信講座を選択した方が、相応しいスタイルの勉強法と思われます。
行政書士対象の通信講座として、ナンバーワンにお薦めしたいのは、高い合格実績を誇るLEC です。採用しているテキストブックは、行政書士の資格をとろうと志している受験生の中で、非常に使い勝手の良い教科書として高く評価されております。

合間の時間を有効利用して、学ぶことが可能であるので、仕事をしながらや家の用事などと両立しての行政書士の資格を取得しようと思い描いている方にとりましては、通信講座(通信教育)の受講は、まことに重宝します。
まさに現在、もしくは将来、行政書士に完全に独学にて取り組む方に向け公開している、情報満載のサイトになります。サイトの中では合格を叶える為のキーポイントまた、先輩行政書士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄などお届けしています。
こちらのウェブサイトにおきましては、行政書士専用の通信教育(通信講座)を、適切にチョイスすることができますように、客観的な視点で品定めできます最新情報を色々載せていきます。そうしてそれをベースに自分自身で選んでいってください。
オール独学で進めているけど、勉強にあてる時間の管理や学習の進め方に関してなどに、懸念するようなときには、行政書士試験に的を絞った通信講座を受けてみるなんていうのも、ひとつの良い方法なのであります。
一般的に行政書士の資格取得は、合格率の割合が6%前後と言われていますので、オフィスでの事務系資格としましては、壁が高い資格と考えられます。されど、全体的に問題の6割以上正しく答えられたならば、合格確実です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おそらく9月ぐらいより…。 | トップ | 現実行政書士国家資格試験の... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL